2015/07/07

コスタリカの蘭は、固有種がてんこ盛りです!

コスタリカは地続きということもあり、野鳥の固有種はわずか六種しかいません(三種は本土から約550キロ離れたココ島にのみ生息)。一方、蘭は毎年のように新種が発見されていて、固有種の宝庫となっています
 
しかし、これらの固有種も、将来的には隣国パナマや南米で記録されるかもしれません。発見されていないだけだと推測しています。私みたいに蘭探しに夢中という人間は、ごく少数だと思うので・・・・。
 
今回は固有種のみを紹介します。
 


ラテン名: Platystele propinqua(固有種)
 


こんな感じで、咲いていました。
 
二枚目の画像で分かるように、大木に群生していました。過去に何度も見ているので、開花時期が長いようです。花の大きさは五ミリほどあります。
 
キャノン・パワーショットSX50HSで撮影
 


ラテン名: Scaphyglottis bicallosa(固有種)
 


こんな感じで、咲いていました。
 
この日、国立公園で目新しい種に出会えませんでした。ところが国立公園外の道端で、スカフィグロティス属を三種見つけることができ、一気にホクホク顔になりました。(*^-゚)vィェィ♪
 
キャノン・パワーショットSX50HSで撮影
 


ラテン名: Lepanthes clareae(固有種)
 


こんな感じで、咲いていました。
 
斜面に咲いていて、接写には高い位置でした。パワーショットの超望遠でも、極小類では大きく写せません。結局、斜面に登って撮りました。不格好な姿勢で撮ったので、筋肉痛になりました。(^▽^;)花の大きさは五ミリほどあります。
 
リコーCX5で撮影
 


ラテン名: Stelis dracontea(固有種)?
 


こんな感じで、咲いていました。
 
類似種のStelis tintinnabula(固有種)かもしれません。とにかく撮影に苦労しました。小雨が降っていて、風も吹いていました。画像では明るく見えると思いますが、林床は真っ暗でした。

低感度で撮影するとSSが一秒とかなので、三脚使用は必須でした。蘭撮影において、雨、風、不十分な光量の三重苦は、珍しくありません。←霧もあるので、四重苦でした。
 
キャノン・パワーショットSX50HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。
 

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/