2021/03/29

キチョウ?いいえ、シロチョウです。

週末から家族旅行の予定でしたが、火曜日からになりました。ですから、更新しておきます。

1a Leptophobia caesia tenuicornis Bluish White ウラギンシロチョウ属

1b_202103290244208bf.jpg

ウラギンシロチョウ属、ラテン名: Leptophobia caesia tenuicornis 英名: Bluish White 

高地で蘭探しをしていると、よく見かけます。裏翅の色合いからキチョウを彷彿させますが、シロチョウに属しています。

少しずつ翅を広げてくれたのですが、中途半端で終わってしまいました。完全な開翅シーンを見たことがありません。淡い青も入っていて、シロチョウとしては美麗種だと思います。

2 Euptoieta hegesia hoffmanni (meridiania)Mexican Fritillary トケイソウヒョウモン属

トケイソウヒョウモン属、ラテン名: Euptoieta hegesia meridiania
 英名: Mexican Fritillary

ラテン名がEuptoieta hegesia hoffmanniから変更されたようです。

トケイソウヒョウモン属とありますが、宿主植物はトケイソウではないようです(どうして、こんな和属名が付いた?)。開けた場所を好み、植物園、庭園、公園、牧草地などで、普通に観察できます。

3 Tmolus cydrara Cydrara Hairstreak アカボシカラスシジミ属

アカボシカラスシジミ属、ラテン名: Tmolus cydrara 英名: Cydrara Hairstreak

可愛らしい顔が印象的な、シジミチョウです。表翅にはメタリック・ブルーが入っていますが、開翅してくれません。コスタリカのシジミチョウ、全般的に言えることなんですが・・・・。 

一、二枚目はキャノン・パワーショットSX50HSで撮影
三枚目はキャノン・パワーショットSX60HS
四枚目はリコーCX5で撮影

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

12歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/