2015/09/24

野外レストランは大賑わい!


 
ボカシスカシマダラ属、ラテン名: Pteronymia picta notilla 英名: Picta Clearwing
 
自宅から車で二十分くらいの自然公園で、何度か観察しています。ですから、近所の緑地にもいるのでは、と思っています。林内へのアクセスが閉ざされているので、確認できていませんが・・・・。
 

 
オオスカシマダラ属、ラテン名: Godyris nero 英名: Nero Clearwing
 
ラテン名がGreta neroから変更されたようです。

トンボマダラ族が豊富なエリアでの撮影なのですが、 Godyris neroは未だに一度しか見たことがありません。普段は薄暗い林床にいることを考慮しても、めぐり合わせが悪いようです。 
 

 
写っている五種の紹介を終えるまで、この画像の公開を先送りにしていました。ふと気が付くと、二年近く経っていたので、残りの二種を掲載しました。一本のアゲラタムに五種が吸蜜しているのが、凄いと思いませんか?

追記: はれかさんからユーパトリウムでないか、とご指摘がありました。確かに、この株は背丈が四、五十センチありました。

どちらも花が似ているようで、私はユーバトリウムという類似種の存在を知りませんでした。植物は蘭を少し知っている程度なので、間違いがあれば、どんどん指摘してください。はれかさん、ありがとうございました。
 
一番上にいるのが、今回紹介したPteronymia picta notillaです。以下、順に過去記事のリンクです。
 
キオビマダラ属、ラテン名: Melinaea lilis imitata 英名: Mimic Tigerwing
 
トンボマダラ属、ラテン名: Ithomia heraldica 英名: Heraldica Clearwing
 
トンボマダラ属、ラテン名: Ithomia patilla 英名: Patilla Clearwing
 
一番下が今回紹介したGodyris neroです。
 

 
オオキチョウ属、ラテン名: Phoebis argante 英名: Dark Apricot Sulphur

おまけのオレンジオオキチョウです。表翅は少し赤味がかった黄色なのですが、とにかく開翅してくれません!前回キチョウの仲間を紹介した時にも書いたのですが、開翅シーン撮れるのでしょうか?
 
オレンジキチョウのみキャノン・パワーショットSX50HSで撮影
残りは全てリコーCX5で撮影
  
追記: 今日も皆さんのブログに少しずつお邪魔していますが、今のところ不具合はゼロです!!前回はナイス!押すだけでも、ほぼ100%エラーが発生したのに・・・・。私にヤフーブログを続けろと!?そういうことなの、ヤフーさん?(゚〇゚;)マ、マジ...

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/