2020/12/02

息子のおかげで、ブログネタが一つ増えました!

1a Copiphora rhinoceros

ラテン名:  Copiphora rhinoceros

1b_20201202052733fd3.jpg

上から見ると、長い産卵管が目立ちます。

1c_20201202052735cb5.jpg

ユニコーンのような角が、インパクト大です。

1d_2020120205273676f.jpg

大型のキリギリスなので、虫が苦手な方にはキツイかも?

家族旅行で宿泊したロッジに、蝶園がありました。私は自然の中で撮影するタイプなので、蝶園は興味の対象外です。妻と息子が行きたがるので、ちょっと立ち寄ってみました。

お決まりのモルフォチョウ、フクロウチョウ、ドクチョウなどがいました。私は退屈に感じたので、直ぐに散策に出ました。

しばらくして、蝶園に戻りました。

息子「ダディ、大きなキリギリスを見つけたよ!こっちにいるから、来て~」
私 「あ~、このキリギリスか。もうブログに掲載してあるよ」

息子が見つけてくれたこともあり、一応、撮影しておきました。紛れ込んだであろうキリギリスは、外に逃しました。でも天敵のいない園内の方が、幸せだったのかな?

帰宅後、過去に掲載した種と異なることが分かりました。


私 「キリギリスだけど、別種だったよ。ブログにアップするね。見つけてくれて、ありがとう!」
息子「やった~」

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/