2020/11/25

岩に着生している蘭を、初めて見ました!

1a Prosthechea livida

ラテン名: Prosthechea livida

1b_20201125012152030.jpg

こんな感じで、咲いていました。

岩に着生する蘭が存在することは、図鑑の記述で知っていました。「岩に着生?」でも実感が湧きませんでした。

実際に観たのは、四年ほど前になります。巨岩に着生しているのを見つけて、妙に感動したのを覚えています。ただし木の幹に着生していることが、圧倒的に多いようです。

1c_20201125012154a2a.jpg

怖い思いをしながら撮影した別株

ちなみに、この蘭の初見、初撮影は冷や汗ものでした。すぐ近くに、大きな蜂の巣があったからです。周囲でブンブン飛んでいたし・・・・(^▽^;)

2a Epidendrum talamancanum

ラテン名: Epidendrum talamancanum

2b_20201125012145649.jpg

こんな感じで、咲いていました。

過去に見た目がソックリな、Epidendrum muscicolaを掲載しました。


Epidendrum talamancanumは萼片がわずかに短く、葉の長さ、細さも異なるようです。花のサイズがほぼ二倍(1.5センチほど)あるので、咲いていれば識別できます。

3a Elleanthus hymenophorus

ラテン名: Elleanthus hymenophorus

3b_202011250121479db.jpg

こんな感じで、咲いていました。

林縁、牧草地に残された木で見かけます。斜面などで、地生していることもあります。この色合なので、遠くからでも目立ちます。

4a Pleurothallis pruinosa 6mm

ラテン名: Pleurothallis pruinosa

4b_202011250121496e4.jpg

こんな感じで、咲いていました。

国立公園との境界線にある、低木に着生していました。牧草地にある低木でも見かけます。過去に何度も撮影しているのですが、なかなか鮮明に撮れない「苦手な蘭」です。花の大きさは五ミリほどあります。

最後の二枚のみキャノン・パワーショットSX50HSで撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


私が参照しているデータベース「Epidendra」ですが、データの消失により、現在リンク切れになっています。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/