2020/11/18

今年も再訪問しましたが、ほぼ同じ顔ぶれにガッカリ・・・・(前編)

昨年、久しぶりにシジミタテハを求めて、お気に入りの蝶スポットに出掛けました。しかし初見のシジミタテハは撮影できず、ちょっと残念な結果に終わりました。

シジミタテハとは?

シジミチョウとタテハチョウの中間的な特徴を持ち、日本には存在しないグループです。

去年の成果


今年も時期が来たので、再訪問してみました。結果から言うと、去年とほぼ同じ顔ぶれでした。

森林性の強いシジミタテハの多くは、葉裏に隠れています。ですから観察すること自体が非常に困難で、吸蜜に来る時が撮影チャンスです。

この場所を見つけたのは、七年ほど前になります。当時は多彩なシジミタテハを観察できたのですが、ここ二年は一気に多様性がなくなった感じです。周囲の緑地に変化?あるいは年々減っている降水量が、影響しているのかもしれません。

1a イナズマシジミタテハ属、ラテン名: Lyropteryx lyra cleadas 英名: Lyra Metalmark

1b_20201118021348dbb.jpg

イナズマシジミタテハ属、ラテン名: Lyropteryx lyra cleadas 英名: Lyra Metalmark

去年は、翅の損傷が酷い個体しか撮影できませんでした。何故かメスは飛来しません。メスは黒に赤い縁取りがあり、別種に見えます。

2 アツバシジミタテハ属、ラテン名: Emesis fatimella nobilata 英名: Fatimella Emesis

アツバシジミタテハ属、ラテン名: Emesis fatimella nobilata 英名: Fatimella Emesis

訪問すると、毎回観察できる種です。この属では、一番色が鮮やかかもしれません。通常は葉裏に隠れています。

3 Theope publius publius Shaded Theope シジミモドキ属

シジミモドキ属、ラテン名: Theope publius publius 英名: Shaded Theope 

この場所では、初めて観察しました。「モドキ」と付いていますが、シジミチョウと勘違いされることがあるようです。

表翅はメタリック・ブルーで、飛んでいるとシジミチョウみたいな印象を受けます。やはりシジミタテハの典型で、葉裏にヒッソリと隠れています。

「吸蜜時も逆さまかよ~」って思いました。この属は翅を直ぐに閉じるので、表翅の撮影はほぼ不可能かと思います。

4 シロフセセリ属、ラテン名: Xenophanes tryxus 英名: Glassy-winged Skipper (2)

シロフセセリ属、ラテン名: Xenophanes tryxus 英名: Glassy-winged Skipper

目新しいシジミタテハも観察できず、ふてくされながら撮影しました。(^▽^;)

5 Pythonides jovianus amaryllis Variable Blue-Skipper アオオビセセリ属

アオオビセセリ属、Pythonides jovianus amaryllis 英名: Variable Blue-Skipper

地味系が圧倒的に多いセセリチョウとしては、美麗種です。擦れ、損傷の酷い個体しか撮影していなかったので、ちょっと嬉しくなりました。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

後編に続きます(来月に掲載)。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

12歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/