2020/09/30

久しぶりに、バルコニーから探鳥してみたら・・・・(前編)

外出の制限が厳しかった頃、二階のバルコニーから探鳥しました。私が住むコミュニティは小高い丘にあり、周辺には緑地や川も存在します。

ですから首都圏とはいえ、多数の野鳥を観察できます。バルコニー探鳥での累計は、120種ほどになっています。まめに探鳥すれば、もっと増えるかもしれません。

1a_2020093000470224b.jpg

1b_2020093001042614b.jpg

ヒメキンヒワ♂

1c_20200930004704e3c.jpg

ヒメキンヒワ♀

図鑑ではvery uncommon表記になっていて、珍種の部類に入ります。理由は籠鳥としての需要が高く、個体数が著しく減少したからです。違法と知りつつ野生種を捕獲し、販売するのは許せませんね。\(*`∧´)/ ムッキー!!


予期せぬ嬉しい発見でしたが、綺麗には撮影できませんでした。その後、草地が刈られてしまったので、姿を見ていません・・・・。

2_202009300047061b3.jpg

ハチクイモドキ

首都圏で観察できる野鳥としては、もっとも熱帯種らしい外見?ラケット状の尾も含めると、四十センチ以上になります。モドキと付ける、ネーミングセンスが酷すぎます・・・・。

3_20200930010427f4f.jpg
ハイバラエメラルドハチドリ

国内で最も普通に観察できる、ハチドリです。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

後編に続きます。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/