2015/10/07

この蜂、デカッ!!


 
Euglossa属?、英名: Orchid Bee
 
我が家の庭にメタリック・グリーンの蜂が飛来します。シタバチ(舌蜂)と呼ばれ、新熱帯区の固有だそうです。英名にあるように、一部の蘭の受粉役になっているそうです。今まで私が見た個体は、せいぜい一センチくらいの大きさでした。
 
ところが、この個体は倍以上ありました。調べてみると、シタバチの仲間は少なくとも175種存在すそうで、三センチに及ぶ種もいることが分かりました。ですから、この個体は別種なのでしょう。シタバチの仲間なのかも分かりません。
 

 
こちらはアブの仲間でしょうか。綺麗な色合いをしていたので、とりあえず撮影しました。科など分かりましたら、教えて下さいね~。

追記: ミズアブの仲間だと教えていただきました。つんくんさん、市川さん、ありがとうございました。
 
リコーCX5で撮影
  
ブログのアクセス解析を調べると、検索ワードを閲覧できます。興味深いことに、使用頻度が最も高い検索ワードが、「コスタリカの年収」なんです(何故か物価ではない)。ほぼ毎日のように使われています。

私のように移住したいと思う方が多いのでしょうか。ただ、皆さんが想像するような楽園ではないことは、断言しておきます。あくまで観光で来ることをお薦めします。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/