2020/08/29

トキイロコンドルなど 旅のハイライトは朝食中に!

家族旅行特集、最終回

1_20200829013929a9c.jpg

野外レストランで朝食をとっていました。

妻 「大きなコンドルみたいな鳥が、向こうの木にとまっているわよ」
私 「コンドルなんか、ウジャウジャいるでしょ。自宅のバルコニーからでも観察できるし・・・・。えっ、大きなコンドル?」

ひょっとしてと思い、その方向を見ると、確かに大型のコンドルらしき姿がありました。この時は曇天で、シルエットでしか確認できませんでした。双眼鏡で観ると、見慣れたコンドルではなく、トキイロコンドルでした。

他種と異なり、森林依存性の高いコンドルです。大規模な森が少なくなってしまったコスタリカでは、個体数も多くありません。また飛翔姿は観察できても、とまっているシーンは稀です。

食事どころではなくなり、撮影を始めましたが、かなりの距離がありました。おまけに曇天で、何度撮影しても、証拠写真の域を越えません。

すると奇跡が起きました。突然、青い空が見え始めたのです。正面からも撮ってみたいと思い、飛ばないことを祈りつつ、移動しました。

到着時には空も快晴になり、飛ぶ気配も見せませんでした。もし大勢のカメラマンがいたら、どうなっていたことやら・・・・?

旅のハイライトとなる撮影を終え、教えてくれた妻に感謝しました。

私 「妻ちゃん、ありがとう!」 
妻 「どういたしまして」
私 「ところで、なんで一緒に来なかったの?」
息子「だって僕のカメラじゃ、大きく撮れないと思ったから・・・・」
私 「鳥があれだけ大きかったら(全長80センチ以上)、300ミリでも撮れるよ」
息子「えっ、そうなの!?行けば良かった・・・・」

2_20200829013931b28.jpg

王者の風格(英名にkingを冠する)?

3_202008290139322c2.jpg

睨まれた~!

4_20200829013932910.jpg

レストランからは距離があって、こんなのしか撮れませんでした。

5_20200829013935ad0.jpg

息子の真横で撮影した、サンショクキムネオオハシです。ですから息子の画像とほぼ同じです。超望遠コンデジのおかげで、大きく撮れているだけです。

6_202008290139361bb.jpg

アオミツドリはいい感じに撮れたと思いきや、痛恨の枝被りでした。息子が撮影した場所からだったら・・・・、と悔やまれる一枚となりました。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

家族旅行特集は、今回でお終いです。これだけの旅を経験すると、次回の目的地探しが大変です。神様、夢のような家族旅行をありがとう!

「このブログの評価」を使用されて、時折コメントをいただきます。そのコメントに対して、私からは返信できないシステムになっています。ですが、コメントはかならず拝見させていただいています。

皆さん、良い週末を!\(^▽^)/

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/