2020/07/20

ハチクイモドキ二種 いつ撮影したっけ?と思ったら・・・・

1a_2020072004412176b.jpg

アオマユハチクイモドキ

在庫整理していたら、出て来ました。データを調べたら、三年前に息子(当時八歳)が撮影した一枚でした。しかも一眼で撮影する前に持たせていた、コンデジ(キャノン・パワーショットSX710HS)によるものでした。


光学30倍あるので、野鳥撮影も不可能ではありません。ただし手の大きな私には不向きで、ブレ連発したのを記憶しています。同カメラでの野鳥撮影は、息子に勝てる自信がありません。(^▽^;)

1b_202007200441206ac.jpg

ヒロハシハチクイモドキ

こちらは私が撮影しました。ハチクイモドキの仲間は、ラケット状の尾が魅力的に思います。

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影

政府のコロナ対策で、外出できません。しばらく野鳥撮影していない息子は、ウズウズしているようです(←どこまで本当か分かりませんが・・・・)。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/