2020/07/06

森林が消失したエリアでも、健気に蘭が咲いていました!

コスタリカは環境保全国と言われていますが、国立公園、保護区以外は酷いもので、まともな森林が残っていません。低地だけでなく、高地まで開発が進み、「はげ山」ばかり目立ちます。

未見種を求めて、新たなエリアを訪問しました。本来なら蘭がたくさん自生している標高だったのですが、株を見つけることさえ困難でした。

1_20200706071505262.jpg

プランテーションが延々と続くエリア(←コスタリカの知られざる姿)

なぜなら、森林が全てプランテーションに成り果てていたからです!緑地が見当たらないので、地元民に質問することにしました。

「野生蘭の調査しているのですが、この辺に緑地はありませんか?」
「ないよ。全部プランテーションになってるから。隣町ならあるんじゃないかな~」

森林が消失したことに対して、後ろめたさもない、素っ気ない返答に思えました。

2_2020070607150697f.jpg

こうして野生蘭が姿を消していきます・・・・

こんな環境で探すのは絶望的だと思いましたが、散策を続けました。しばらくして、道端に切り倒された木を見つけました。枝には蘭がたくさん着生していました。

自然好きの私にとって、これほど残酷な光景はありません。背後に広がるプランテーションを見て、こんなに悲しくなるのは私だけでしょうか?

紹介する最初の2種は、同エリアにて根性で見つけました。いずれもプランテーション沿いの低木に、着生していました。

後半の2種は隣町で見つけました。隣町もプランテーション、牧草地が多いのですが、まだ少し緑地が残っています。

3a Camaridium horichii

ラテン名: Camaridium horichii

3b_2020070607145297a.jpg

こんな感じで、咲いていました。

コーヒー・プランテーション沿いの低木に、着生していました。コーヒーの産地ゆえに、コスタリカから多くの緑が消えてしまいました。

私は自身のために、コーヒーを一度も購入したことがありません(間接的に自然破壊に貢献した気分になるから・・・・)。過去に、コーヒー好きの父に贈ったことがあるだけです。コーヒーなしでも生きていけるので、残された自然を大切にして欲しい。

4a Camaridium gomezianum

ラテン名: Camaridium gomezianum

4b_20200706071457254.jpg

こんな感じで、咲いていました。

花がバルブや葉で隠れていたので、見つけた時は嬉しかったです。しかも初見でした。興奮も束の間、後ろに広がっているプランテーションを見て、一気にテンションが下がりました・・・・。

5a Lepanthes lindleyana

ラテン名: Lepanthes lindleyana

5b_20200706071503963.jpg

こんな感じで、咲いていました。

隣町で見つけました。このエリアでは普通種で、道端の低木に着生しています。雨が降り出したので、急いで撮影しました。花の大きさは、3mm足らずしかありません。

6a Oncidium storkii

ラテン名: Oncidium storkii(固有種)

6b_202007060715059f0.jpg

こんな感じで、咲いていました。

許可を得て入った、私有地で見つけました。この私有地は大型の株が残っていて、希少種も撮影しています。いずれ紹介したいと思います。

オンシジューム属としては小型で、花の大きさは2cmほどあります。この属は黄色に茶色の模様が一般的なので、黄色に緑色の模様なしは新鮮に見えました。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。




ご訪問ありがとうございます。ランキングサイトに登録して、上位を目指しています。下のバナーを押していただけると、ポイントが加算されます。応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住19年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

13歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、昆虫、我が家の猫(ユキ)の画像も掲載しています。

2017年11月末に、ヤフーブログから引っ越して来ました。