2019/12/27

花鳥風月(第16回)蒸し暑いビーチで、何が撮れたの?

1

先月末にビーチに出掛けました。私にとってビーチは、最も退屈な場所と言えます。なぜなら、妻や息子が遊んでいる間、ずっと荷物番をしていなければならないからです。

例えばビーチの駐車場には、正規に雇われてもいない「カードマン」がいます。車を監視するからと言って、金を要求します。そして、その「ガードマン」が、車の中から貴重品を盗むケースさえあります。ちょっとでも気を抜くと、後悔することになります。

「ビーチじゃ、何もいないよな~」と思いながら、時間潰しに周辺で撮影しました。

2

砂ではなく、貝殻や砕けたサンゴが堆積した、一風変わったビーチです。お土産屋さんで売られているような立派な貝はありませんが、昔は普通に転がっていたのでしょうか?裸足で歩くと、痛いです。

3_20191227052749963.jpg

息子の一眼も持って行きましたが、流石にビーチで撮影したいとは言いませんでした。(^○^)

4_20191227052751f85.jpg

このビーチにはヤシの木が存在せず、なんだか物足りない気分になりました。やはり南国のビーチと言えば、ヤシの木でしょう(画像のヤシは近郊で撮影)?

5_20191227052750ead.jpg

我が家の周辺でも見かけるカワリリスですが、生息エリアによって色合いが異なります。北部では色合いが薄いようです。

6_20191227052750255.jpg

開けた場所で普通に見かける、オオハシノスリです。

7_2019122705274908f.jpg

高い場所にいたズアカムクドリモドキは、残念ながら証拠写真のみ。直ぐに飛びそうな予感がしたので、300ミリで撮りました。流石に距離が遠すぎました。パワーショットで大きく撮影しようと思ったら、飛び去ってしまいました。

8_201912270527482f3.jpg

ミクロタテハ属、ラテン名: Microtia elva elva 英名: Elf

砂浜に飛来するチョウを期待しましたが、シロチョウくらいしか見ませんでした。砂浜でなく、貝浜だから?この蝶も直ぐに藪に姿を消し、これしか撮れませんでした。しかも変なアングル・・・・。

9_20191227052751439.jpg

カッショクペリカンが水面スレスレに飛んだり、岩場で休憩していました。

10_20191227052721e5b.jpg

カッショクペリカン(若鳥)とアメリカオオアジサシです。

11_2019122705274815d.jpg

シュノーケリングで、綺麗な魚を色々と観察したそうです。

12_201912270527494a0.jpg

オナガクロムクドリモドキのメス、アメリカオオアジサシ?が写っているので、一応、野鳥写真です。(^▽^;)

七枚目のみキャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

いつも、ご訪問&拍手ありがとうございます。これが今年最後の投稿になります。皆様、良い年をお迎え下さい。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/