2019/11/08

サカツラハグロドリ 野生蘭とのコラボ写真が撮れたけど・・・・(その二)+おまけ

1_20191108001724c72.jpg

・・・・花が咲いていませんでした。(T△T)

開花株を見つけること自体が容易ではないので、野鳥とのコラボ撮影は至難の業です。以前にハゲノドトラフサギと野生蘭のコラボを撮影しましたが、やはり花は咲いていませんでした。


ただ一度だけ、奇跡のコラボ撮影に成功したことがあります。コスタリカの国花蘭と、メキシコの国鳥の組み合わせです。

このようなコラボ写真は、私しか撮影したことないと思います。そもそも、国花蘭を自然の中で見つけることが、非常に困難だからです。


2_20191108001722f07.jpg

こちらはサカツラハグロドリのメス個体です。普通種で、我が家のバルコニーからでも観察できます。ただし樹冠部にいることが多く、大きく鮮明に撮影できるかは運次第です。


世界で最も有名な猛禽の渡りスポットをご存知ですか?メキシコのバラクルーズ地方です。毎年およそ五百万羽が通過すると言われています。

そして、このエリアから更に南下して行く個体には、複数のルートが存在するそうです。コスタリカのカリブ海沿岸部は一例で、毎年およそ二百五十万羽が記録されているとか。

過去に、縦列で延々と渡って行く、ヒメコンドルを見たことがあります。三十分過ぎても途絶えることなく、観察を諦めたほどです。タカ柱も日本とは桁違いです。

3_201911072354416da.jpg

おまけ画像は、アレチノスリのタカ柱です。

妻 「上、上を見て!」
私 「忙しいんだけど、何?あっ、タカ柱か。こんなの小規模で、大したことないよ・・・・」
妻 「撮影しないの?」
私 「どうでもいい。でも、ブログ用に一枚だけ撮るか」

このアレチノスリのタカ柱は、蝶の撮影に夢中だった時に発生しました。通過して行ったのは、数百単位だと思います。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

この時に撮影していた蝶は、次回に紹介します。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/