2019/10/02

水辺に色々な蝶が、飛来しました!


妻が綺麗なシジミチョウを見つけてくれた後は、水辺に飛来した蝶を撮影しました。全部は紹介しきれないので、一部を掲載します。

22a.jpg

22b.jpg

アカガネタテハ属、ラテン名: Dynamine postverta mexicana 英名: Mexican Sailor 

ラテン名がDynamine mylittaから変更されたようです。

モルフォチョウとは濃淡に違いがありますが、メタリック・ブルーが美しい小型のタテハチョウです。アカガネタテハの仲間では、最も普通に観察できるようです。自宅近くの緑地でも、見たことがあります。

19_20191002221419979.jpg

ベニオビタテハ属、ラテン名: Anartia fatima fatima 英名: Banded Peacock

最も頻繁に見かけるタテハチョウです。開けた場所を好み、林内には入り込みません。森林伐採で牧草地だらけのコスタリカでは、ウジャ、ウジャいて当然です。自然番組で常に美化されていますが、皆さんが思うほど緑豊かな国ではありません。

20_20191002221426ff6.jpg

Ebrietas属(和名なし?)、ラテン名: Ebrietas anacreon anacreon
英名: Common Bent-Skipper

コスタリカの蝶図鑑にはシジミチョウ、セセリチョウの記載がありません(図鑑が未完のまま)。ですから、データベース、Butterflies of Americaとメキシコの蝶図鑑で補完しています。

種のレベルとなると、識別できないことがあります(類似種が複数存在するケース)。このセセリチョウは、詳しい方に識別してもらいました。英名にあるように、前翅が少し曲がっています。

21a_20191002221426e1e.jpg

21c_20191002221425eb8.jpg

ツルギタテハ属、ラテン名: Marpesia berania fruhstorferi 英名: Berania Daggerwing 

色合いや模様が微妙に異なる、メスも既に撮影済みです。いずれ紹介したいと思います。生息エリアであれば、プールサイドなどでも見かけます。

23a.jpg

23b_20191002221410c0a.jpg

アメリカヒョウモンモドキ属、ラテン名: Chlosyne poecile 英名: Poecile Checkerspot 

「コスタリカではレアな標本」と図鑑に記載があります。よく見かける蝶なので、標本が単純に少ないということなのでしょうか。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/