2019/08/25

チェックアウトの一時間ほど前に、息子が激写しました!

家族旅行特集、最終回

旅行の主目的であった「○○○○探し」ですが、リスザルでした。コスタリカには四種の猿が生息していて、息子はリスザルだけ未見でした。理由は単純で、生息エリアに連れて行ったことがなかったからです。

小型で愛らしいリスザルを、息子に見せたい。できれば撮影させてやりたい。そういった願望が以前からあって、ようやく今回の旅で実現しました。

リスザルは生息範囲が限定されていますが、観察は難しくありません。なぜなら国立公園や近郊のホテルなどで、無知な地元民、観光客が餌を与えるからです。

「野生動物に餌を与えないで下さい」という看板があちこちにあっても、効果はありません。病気になる個体もいるそうなので、止めてもらいたい行為です。(;`O´)oコラー!

私はそういった環境ではなく、リスザル本来の姿を見せたかったので、宿泊先の森で探すつもりでした。何事でも努力が必要だということを、息子に学んでもらいたいからです。

0_20190825014321265.jpg

ホテルのチェックインを済ませ、部屋に荷物を運ぶ途中、いきなりリスザルの声が聞こえました。しかも我々の部屋の裏側からでした。

「えっ!こんなにアッサリ実現しちゃうの!?」荷物を部屋に置いて裏側へ行くと、距離がありましたが、リスザルの集団がいました。

1_20190825014321e3c.jpg

「これじゃ、努力も何もないよな~」と思いながら、携帯で連絡しました。ところが息子はトイレで、来た頃には遠くへ移動してしまいました。双眼鏡もなかったので、観察さえ厳しい状況でした。

息子は旅疲れしたようで、その後、妻と二人で散策路へ向かいました。

2_2019082501432141b.jpg

しばらく歩くと、幸運なことに別集団(?)に遭遇しました。このホテルではジップラインの施設があって、そのワイヤーを少なくとも二十五頭が渡って行きました。

「尾が二本?」子猿がしがみついていました。直ぐに移動してしまったので、顔を観ることもできませんでした。

そもそも、リスザルは動きがすばやいので、撮影は容易ではありません。パワーショットでは俊敏さに対応できないので、終始「息子の一眼」を借りて撮影しました。

この時も妻が息子を迎えに行ったのですが、二人が到着した頃には手遅れでした。

翌日はビーチに行ったり、観察できても樹冠部だったりでした。やはり双眼鏡なしでは、「見たうちに入らない」感じでした。

3_20190825014321d7f.jpg

4_20190825014321f02.jpg

5_20190825014321186.jpg

6_20190825014321767.jpg

結局、息子が観察&撮影できたのは、チェックアウトの一時間ほど前でした。運良く低い場所にも降りて来たので、肉眼でもジックリ観察することができました。

7_201908250142554ab.jpg

息子が撮影しました(自身が選んだベスト・ショットだそうです)。

8_201908250143086ab.jpg

興奮気味にシャッターを押している息子の姿が、私にはなによりの「ベスト・ショット」となりました。

9_20190825014321bd4.jpg

「リスザルばっかり撮ってないで、俺にも注目してくれよ~」そんな感じに見えたノドジロ(カオジロ)オマキザルでした。

九枚目のみキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
残りは全てキャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影

皆さん、良い週末を!\(^▽^)/

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/