2019/07/30

コスタリカの「電柱アーティスト」に遭遇!

1_20190730031204bb5.jpg

一年ほど前から、近所の「異変」に気が付きました。あちこちの電柱に、鮮やかなペイントが施されているのです。

2_201907300312068b9.jpg

3_201907300312077f9.jpg

4_20190730031209710.jpg

鳥であったり、カエルであったり、花であったり、様々なパターンがありました。平凡な電柱が素敵なアートになっていて、思わず立ち止まらずにはいられません。不思議なことに、この電柱アートは私が住む町でしか見かけませんでした。

後に分かったのですが、アーティストは私と同じ町に住んでいました。Alexander Lopez Rylioukさんが本名で、アーティスト名はRylyukだそうです。

5_20190730031212be6.jpg

近所の配電盤ボックス(?)も鮮やかに!

6_20190730031212443.jpg

中華レストランの壁も彼のアートで、宣伝効果バッチリ!

彼は自分が住むコミュニティーの改善を目指し、このような活動を始めました。地域の学校と共同プロジェクトに取り組んだり、レストランやスーパーにも作品を提供しています。

7_20190730031203672.jpg

買い物の帰りにご本人と遭遇、ブログへの画像掲載などの許可もいただきました。

コスタリカは年々治安が悪化しています。違法移民、コロンビアからのコカインの流入などが主因と言われています。

私が住む町も安全とは言えず、夜は怖くて外出しません。嫌なニュースを多く耳にする中で、彼のような存在が、一筋の希望となることを願ってやみません。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

12歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/