2018/10/07

既に撮影済みの蝶だと思っていたら・・・・

313c.jpg

313d.jpg

フチドリスカシマダラ属、ラテン名: Oleria paula paula 英名: Paula's Clearwing

注: 上下の画像は、別々の個体です。

翅が透けた蝶は類似種が多いので、撮影後にデータベースで同定するのが必須です。近所で普通に観察できる、ツマジロスカシマダラだと思い込んでいました。生息環境が異なるので、念の為に調べてみたら、別種だと判明しました。

405a Ithomia xenos xenos maybe

トンボマダラ属、ラテン名: Ithomia xenos xenos 英名: Xenos Clearwing

こちらも撮影済みだと思っていました。しかし、翅の模様が微妙に異なることに気が付き、別種だと分かりました。取り敢えず撮影しておくことが、大切ですね。

53b.jpg

53a Yellow-tipped Flasher Astraptes anaphus アオネセセリ属

アオネセセリ属、ラテン名: Astraptes anaphus 英名: Yellow-tipped Flasher

注: 上下の画像は、別々の個体です。

この属は翅や胴体に、メタリック・ブルーが入っているのが一般的です。青が入っていないAstraptes anaphusは、同属の中では地味な存在です。自宅のホタカソウに飛来しますが、直ぐにハチドリに撃退されます。

三枚目はキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
残りは全てリコーCX5で撮影

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/