2018/08/27

帰る間際に、テンションが上がりました!

3a Papilio garamas syedra Magnificent Swallowtail アゲハチョウ属

3b.jpg

アゲハチョウ属、ラテン名: Papilio garamas syedra 英名: Magnificent Swallowtail 

注: 上下の画像は、別々の個体です。

いつものように、高地で蘭を探していました。この日は開花している種が少なく、撮影したのは一種のみでした。未撮影の種があったのですが、既に色褪せていて残念でした(これで三度目の不運)。

そんな感じで大した収穫もなく、帰ろうと思った時に予期せぬ光景が!花の名前どころか科さえ分かりませんが、低木でアゲハチョウが吸蜜していました。少なくとも、八頭を確認しました。

コスタリカに存在するアゲハの仲間では最大級で、メスは前翅長が75mmほどあります。これはモルフォ、フクロウチョウに匹敵する大きさです。常に高い場所を飛んでいるので、捕獲が難しいと図鑑に記述があります。必然的に、国内の標本数も限られているようです。

高地(生息範囲の上限は、標高2,800m)で普通に見かけますが、撮影できたのは初めてのことです。吸蜜中に絶えず翅を動かすので、撮影に苦労しました。

2 Phocides urania vida Vida Skipper

Phocides属(和名なし?)、ラテン名: Phocides urania vida 英名: Vida Skipper

アゲハの撮影に夢中になっていた時、一度だけ飛来したセセリチョウです。しかも一瞬で飛び去ったので、この一枚しか撮れませんでした。

低地で青系のセセリは、普通に観察できます。類似種も多く、同定が極めて困難です。高地では、今回で二種目となりました。他の一種は未掲載なので、いずれ紹介します。

Phocides urania vidaはコスタリカ亜種で、vidaはコスタリカで頻繁に使用される言葉、"pura vida"から来ていると思います。puraは「純粋」、「ピュア」、vidaは「命」、「人生」、「生活」という意味です。

挨拶にも使われますが、コスタリカでの生き方、モットーみたいなものです。Tシャッ、帽子、マグカップなど、様々な商品に"pura vida"とプリントされています。

昔のことになりますが、リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで、一年間に渡って執筆したコラムのタイトルも"pura vida"です。今なら、もっと楽しいコラム書けるんだけどな~。まともな画像付きで・・・・(笑)。

しばらくして雨が降り始め、この日の散策も終了となりました。土壇場で予期せぬ収穫があり、車内で妻や息子との会話も弾みました。(^○^)

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/