2018/05/30

灼熱の太陽が降り注ぐビーチでも、蘭が自生しています!&久しぶりに、息子が絵を描いてくれました!

97cc.jpg

ラテン名: Brassavola nodosa

97d.jpg

こんな感じで、咲いていました。

太平洋側の沿岸部、北西部に広がる乾燥林で、最も普通に観察できる蘭だと思います。ビーチでは、ヤシの木などに着生しています。花の大きさも九センチ近くあるので、目立ちます。

背景に緑の実が見えますでしょうか。これはTerminalia catappa(英名ビーチ・アーモンド・ツリー)という帰化種で、コンゴウインコの好物でもあります。この蘭を撮影している時も、コンゴウインコが上空を飛んでいました。

269a Dichaea acroblephara endemic

ラテン名: Dichaea acroblephara(固有種)

269b.jpg

こんな感じで、咲いていました。

主に低地で自生しています。以前に「花鳥風月」の記事で紹介しましたが、株は蕾を付けているのみでした。撮影場所は蝶探しのために通っていたエリアですが、当時は蘭の存在に気づきませんでした。

324ee Pleurothallis crocodiliceps

ラテン名: Pleurothallis crocodiliceps

324f.jpg

こんな感じで、咲いていました。

同じく「花鳥風月」の記事で紹介しましたが、距離があったので、花が豆粒のようにしか写っていません。

カラーバリエーションが三種あります。黄色の他に、白、白に赤紫の斑点が存在します。花茎が細長く、下向きに咲いていることが多いので、撮影は容易ではありません。

79c Camaridium cedralense 固有種 サンホセ県のみ

ラテン名: Camaridium cedralense(固有種)

79d.jpg

こんな感じで、咲いていました。

固有種であるだけでなく、サンホセ県でのみ記録されています。局地的に分布している種は、将来が懸念されます。花の大きさも三センチ以上あるので、盗掘の対象となっていることでしょう。

初めての出会いは、三年前でした。ツアーで宿泊する、ロッジの散策路で見つけました。残念ながら、その時は枯れかかっていました。

翌年もほぼ同時期にツアーがあり、昼休み中に撮影に向かいましたが、完全に枯れていました。今年のツアーは例年より数日早く、三度目の正直で撮影することができました。

変な角度で咲いていたので、画像を回転させて掲載しました。先日訪問した私有保護区でも観察しており、一年で二回は、開花時期があるようです。

五、六枚目のみキャノン・パワーショットSX50HSで撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


00.jpg

誕生日など特別な日に描いてくれるのがパターンでしたが、先日、いきなり渡されました。紙が変色しているのと、夜に撮影したので、絵が見づらいかもしれません。

左に描かれているのは、昨年末にファミリーの一員となった、シベリアン・ハムスターのペッパー♂です。以前から息子がペットを欲しがっていたので、仕方なく購入しました。専用の籠は狭くて可愛そうなので、大きめの水槽で飼育させています。ペッパーを二階の廊下に放し、運動させるのが息子の日課となっています。

我々が立っているのは地球だそうですが、大陸の形をまだ把握できていないと話していました。「I love you」や、虹の色には意味があります。妻は青、息子は緑、私は赤が好きな色なので、その三色で構成されています。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

12歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/