2018/05/01

金色に輝く蝶だって~!

279b Dynamine dyonis Blue-eyed Sailor

279c.jpg

アカガネタテハ属、ラテン名: Dynamine dyonis 英名: Blue-eyed Sailor

タイトル通り、金属光沢が美しいタテハチョウです。実際には純粋な金色というより、緑を帯びた金色です。英名の「青い瞳」は、どうしてなの?後翅の斑紋のことなのかな~。

281a Siproeta superba euoe Broad-banded Page endemic subspieces rare シロオビタテハ属

281d.jpg

シロオビタテハ属、ラテン名: Siproeta superba euoe 英名: Broad-banded Page

最初に掲載したアカガネタテハの仲間と同様、小さな水溜りに飛来しました。亜種euoeはコスタリカの固有で、希少種です。我が家のランタナには同属別種、Siproeta epaphus epaphusが飛来します。


3c Archaeoprepona amphimachus amphiktion White-spotted Prepona オオルリオビタテハ属

3f.jpg

オオルリオビタテハ属、ラテン名: Archaeoprepona amphimachus amphiktion 
英名: White-spotted Prepona 

ラテン名がArchaeoprepona meander amphimachusから変更されたようです。
注: 上下の画像は、別々の個体です。

水溜りには来ませんでしたが、やはり同じ場所で撮影しました。常に逆さまの状態でとまります。野鳥用に設置された餌台のバナナが腐り始めると、よく飛来する属でもあります。

全てリコーCX5で撮影

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/