2018/03/15

日本の国蝶オオムラサキ、コムラサキに負けない美しい蝶です!

2 Doxocopa pavon theodora Pavon Emperor アメリカコムラサキ属

2c.jpg

アメリカコムラサキ属、ラテン名: Doxocopa pavon theodora 英名: Pavon Emperor

モルフォチョウのようなメタリック・ブルーとは違い、青紫の光沢がユニークなタテハチョウです。日本のオオムラサキやコムラサキが比較対象になるかと思いますが、二種とも観たことがありません。

221b コスタリカパナマ亜種の画像はこれ一枚 標本以外 

221a Hypothyris lycaste callispila Lycaste Tigerwing maybe クロトンボマダラ属

クロトンボマダラ属、ラテン名: Hypothyris lycaste callispila 英名: Lycaste Tigerwing

Hypothyris lycasteの亜種、callispilaはコスタリカとパナマのみ記録されています。私が参照しているデータベース、Butterflies of America.comには亜種の標本画像しか存在しません。

ですから、この生きた個体の画像は、非常に貴重だと思います。いずれは、この二枚を寄贈した方が良いでしょうね。

336a Noctuana lactifera lactifera Cryptic Skipper

Noctuana(和名なし?)属、ラテン名: Noctuana lactifera lactifera 英名: Cryptic Skipper

高地のみ生息するセセリチョウのようです。標高二千メートル以上の高地で撮影しました。翅の色合いを見ていると、子供の頃に好きだった小豆アイスを思い出します。白い部分は練乳?(^○^)

全てリコーCX5で撮影

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/