2017/12/01

息子が再び一眼で撮影することになりました!

12.jpg

短期間でしたが、息子は一眼で野鳥を撮影していました。二度目の故障となり、カメラはそのまま埃を被っていました。

その後、息子専用に超望遠のコンデジ、キャノン・パワーショットSX710HSを与え、野鳥や虫を撮らせていました。

「あの大きなカメラでまた撮りたいな~」息子の口癖でした。しかし、我が家に一眼を購入する予算はありません。

月日が流れました。

息子にとって、嬉しい出来事がありました。先月のエクアドル・ツアーでご案内したご夫婦から、一眼+300ミリのズーム・レンズを安価で譲っていただいたのです。

過去に二度コスタリカでもご案内していて、息子が撮影していることも知っていました。「息子さんのために、どうぞ」と知らせを受け、それを息子に伝えました。勿論、とても喜んでいました。

高価な短いレンズもいただいて、私も花、虫、風景などを撮ってみたいと思いました。八歳児には贅沢過ぎる撮影機材ですが、これを機会に自然への関心度を更に深めてもらいたいです。

キャノン EOS 7D
キャノン EF70-300mm F4-5.6 IS USM
キャノン EF24-105mm F4L IS USM

Tご夫妻、本当にありがとうございました。次の記事で、息子の成果をお見せしたいと思います。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/