2005/03/11

キバシミドリチュウハシ



以前はEmerald Toucanetと呼ばれていたのですが、コスタリカに生息する個体はBlue-throated Toucanetとなったようです。最近、生息地域により七種に分かれた(いい加減にしなさい)。ただし、全ての学者に認められている概念ではないようです。

ケツァールの卵や雛を食べちゃうので、結構嫌われていたりします。おまけに、この通り体が緑色なので、鬱蒼とした熱帯雲霧林では格好のカモフラージュとなります。

この鳥も以前から撮影したかった一羽。やはりデジスコ・パワーが必要かと思っていました。ところが餌台に頻繁に来るので、結果はこの通り。「全身が入らない・・・・」。(/▽\)


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/