2005/03/14

ヒロハシサギ



一時期、巣に近寄る観光客が多かったせいで、カララ国立公園内で営巣しなくなっていたヒロハシサギです。今年は営巣してくれて嬉しかっです。巣には二つの白い卵まで確認できました。

しかし、しばらくして巣は空っぽになってました!「まさか、観光客が盗んでいったのか!?」と最初は思ったのですが、木の枝を歩くCtenosaur(クロイグアナ)の姿が・・・・。「君だったのね・・・・犯人は!」


撮影したヒロハシサギも憂鬱そうに見えました(夜行性なので、単に眠いだけなのでしょうが・・・・)。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/