2005/05/07

ミカヅキシマアジ



お客さんに日本の野鳥事情を色々と聞いている内に分かった事があります。アメリカ大陸には、日本の珍鳥が普通にいることです。アメリカ大陸から迷行した個体が、日本に辿り着くのだから当たり前です。

色鮮やかな鳥が多いコスタリカで、地味な鳥はあまり注目されません。でも、お客さんが喜んでくれるのなら、地味でも良いのだ~。そんな一羽がこのミカヅキシマアジ。手元の図鑑によると、日本では1996年に愛知県で記録が一回あるそうです。

アメリカにて撮影


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/