2005/05/19

オウサマタイランチョウ



名前の通り、野鳥界に君臨する暴れん坊です。タイランチョウは英語のタイラント(暴君、君主)に由来するそうで、攻撃的な種が多いのが特徴です。

自分の体より数倍も大きな猛禽を追いかける様は圧巻です。撮影的には白が多いので、露出補正に悩む鳥さん。湿地帯で大人しくとまっている様子は、「暴君」には似ても似つかない?

アメリカにて撮影


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/