2005/06/04

アオボウシミドリフウキンチョウ



二度目の登場となるアオボウシミドリフウキンチョウです。お気に入りの一枚となりました。構図が良いとかそういう事ではなくて、この鳥を撮影できた喜びです(樹冠部にいることが多い)。

こんな色合いをした小鳥がいるのですから、自然は素晴らしい!原色の鳥が日本でも普通に見れたら、もっとバードウオッチングに興味を持つ人が増えるのかな~。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/