2005/06/11

Guarianthe skinneri



コスタリカの国花は蘭(Guarianthe skinneri)です。本によって記述が違うのですが、この小国に1,200種以上の蘭が自生しているそうです。未だに学名も付いていない種も沢山あるとか・・・・。

蘭好きには楽園のコスタリカですが、自然の状態で見つけるのは難しいです。約九割が着生で、樹冠部に人知れず咲いていることが多いようです。

国花に話を戻しますが、アメリカでプラムという卒業パーティーがあります。先ず、デート(相手)を事前に見つけ、プラムに行く約束をします。当日は皆着飾って、それはもう一大イベントです。

その時、服や腕にcorsage(コサージ)という蘭が付いたアクセサリーを付けます。その原種がGuarianthe skinneriと言われています。

残念ながら、マニアによる盗掘や違法売買が原因で、自生地で見つけるのは難しくなったそうです(上の画像も蘭園にて撮影)。昆虫マニアもそうですが、「勝手に採っていくなよ!」と言いたいです。

以前はCattleya skinneriと呼ばれ、カトレア属の蘭でした。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/