2005/06/24

エンビモリハチドリ



ミドリトキで光沢の話が出て来たましたが、「真の光沢とはこんな感じだ~!」と見せ付けてくれるのは、やはりハチドリです。


エンビモリハチドリの喉元から胸元の金属的なギラギラ感は凄いと思います。餌台にこんなハチドリが何十羽も集まって来るのですから、有難いものです。神様、ハチドリを想像してくれてありがとう!(*^▽^*)

これだけ綺麗なハチドリですが、撮影は意外と難しいものです。この光沢は光の反射角度によるので、その一瞬を逃すと、真っ黒に写ります。だから、プロのカメラマンは、日中でもフラッシュをたくみたいです(ハチドリの目の前で止めろよ!)。o(*≧□≦)o″


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/