2016/01/26

コスタリカで最も目につく、野生蘭です!

私のブログで殿堂入りされた○○○○○さんが、現在も入院されています(そろそろ退院?)。今日の記事も野花を愛する彼女に捧げます。引き続き、リハビリ頑張って下さいね~。p(^▽^)q ファイトッ



ラテン名: Epidendrum radicans 
  


こんな感じで、咲いていました。
 
地生種で、森林性はありません草地や道端の斜面に、たくさん咲いています。コスタリカでは野花の群生をあまり見かけませんが、この蘭が一面に咲いていたりします。ですから、最もよく見かける野生蘭だと思います。
 
最初はオレンジ色で、徐々に赤味を帯びてきます。美麗種だと思うのですが、何故か盗掘の対象にはなっていないようです。そうでなければ、至る所に咲いているはずがないので・・・・。
 
色こそ違いますが、リップ(唇弁)が白人至上主義の秘密結社KKKの衣装に見えるのは、私だけでしょうか?
 
リコーCX5のズームマクロで撮影
 


ラテン名: Sarcoglottis acaulis
 


こんな感じで、咲いていました。
 
地味な地生種で、蘭と認識できる方は、相当なマニアではないでしょうか。前日に大雨が降ったそうで、蚊がウジャウジャいました。撮影しようとする度に、一斉攻撃を受けました。流石の私も逃げ出したくなりました。
 
キャノン・パワーショットSX50HSで撮影
 


ラテン名: Telipogon ampliflorus
 


こんな感じで、咲いていました。
 
観光客がまず訪問しない、マイナーな国立公園の入口前で見つけました。その時は未だ薄暗く、風も吹いていたため、上手く撮影できませんでした。ですから、十分に明るくなってから、再び撮影しました。
 
鳥や蝶と違って、後でも撮影できるのが嬉しいですね。ヤフー英語版で検索すると、自生地で撮影したと思われる画像が出て来ません。ですから、貴重な一枚かもしれません。
 
リコーCX5のズームマクロで撮影
 


ラテン名: Lepanthes ciliisepala
 


こんな感じで、咲いていました。
 
過去に何度も撮っているのですが、満足のいく画像がありませんでした。花弁に軟体動物でも付着しているかのような、不思議な外見です。花の大きさは五ミリほどあります。画像を差し替えました。
 
キャノン・パワーショットSX60HSで撮影
 
蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。
 
EPIDENDRA-Global Orchid Taxonomic Network
Internet Orchid Species Photo Encyclopedia

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/