2021/01/26

アメリカトキコウ、タニシトビなど 息子の願いは叶うのか!?

家族旅行特集、その二

前回の続きです。

息子が見たい(撮りたい)鳥は、某国の国鳥です。そこでは容易に観察できると思いますが、コスタリカでは事情が異なります。

追記: 私の勘違いで、国鳥ではありません。

コスタリカ国内の残存数は80~90羽と言われているからです。いくら生息エリアにいるとはいえ、その数では運の要素が強く影響します。

1a_20210126010049232.jpg

ホテル近くの草地で、アメリカトキコウ(ダイサギのおまけ付き)の群れを見つけました。

私「ここなら一羽くらいいるかも・・・・」

1b_20210126010049531.jpg

草地に姿は見当たりません。

私「木陰で休んでいる群れの中にいるかも・・・・」

2_20210126010027ce7.jpg

やはり見当たりません。

3_2021012601002869a.jpg

私がターゲットの鳥を探している間に、息子が撮影しました。以前より飛翔姿の撮影に意欲的です。飛翔姿の撮影に関しては、息子に先を越された感があります。(T_T)

移動して、今度は農耕地を探しました。

4_20210126010032b35.jpg

やはり見当たりません。

私「乾季で水がないから、簡単にはいかないな~」

今度は湿地帯のある国立公園に移動しました。

私「ここが一番チャンスあると思う。過去に何度か観察しているから・・・・」

ところが、湿地に到着してビックリしました。ウジャウジャ水鳥がいるはずなのに、数えるほどしかいません。

たまたま通過したパーク・レンジャーによると、水草が育ち過ぎて、今は数が少ないとか・・・・。マジカ~!?w(゚o゚)w

5_20210126010032342.jpg

タニシトビの若鳥です。どうせなら、漆黒の成鳥が撮りたかったな~。強風が絶えず吹いていて、撮影するのも大変でした。

流石の私も焦りを感じ始めました。明日は見つかりますように・・・・。


翌日はビーチに行く予定となっていました。

ビーチ訪問後、再び農耕地で探すことにしました。

今日も見当たりません。

仕方がないので、働いていた方々に聞いてみました。

私「この鳥を探しているのですが、見たことありませんか?」図鑑を見せました。
農民A「あるよ。雨季に農地が湿ると、よく飛来するから。乾季はほとんど見ないかな~」
農民B「でも、この近くにあるセイバの木に巣があるよ
私「えっ、どこですか?場所を教えて下さい!」

お礼を述べて、巣のある場所に直行しました。

6a_20210126010036178.jpg

私「あれだな、きっと。セイバが一本だけあるから」

6b_20210126010045665.jpg

ところが巣はあったのですが、鳥の姿は見えません。それどころか、巣の上にイグアナがいました。←直ぐに、いなくなりましたが・・・・。

私「まさか、イグアナが卵を食べちゃって、営巣を諦めちゃったとか?」ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

しばらく待ったのですが、移動することにしました。雛がいるわけでもなく、時間的にも飛来する予感がしませんでした。なにより巣にいたイグアナが、全てを物語っているような・・・・?

つがいが近くにいるかもしれないと思い、再び周辺の農耕地を探すことにしました。

四枚目のみキャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

次回に続きます。

関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/