2020/12/30

花鳥風月(第23回)犬二匹をお供に、私有地で散策しました!

1

敷地内の滝

家族旅行の際、妻と息子を滞在先のロッジに残し、散策に出掛けました。今回の舞台は私有地で、目的は「ある蘭」が開花しているかを確認することでした。

四年前に訪問した際、その蘭を見つけました。大きな蕾を付けていたのですが、開花する前に帰宅しなければなりませんでした。車で七時間ほど掛かるエリアなので、容易に再訪問できません。非常に残念でなりませんでした。

ようやく再訪問することができたのですが、残念ながら株は姿を消していました・・・・。←懸念していた通り。

しばらく茫然となりましたが、諦めずに別株を探すことにしました。

2_202012292333063a1.jpg

林内に入ろうとすると、オーナーの犬二匹が後をついて来ます。「これじゃ、散策に集中できないよ・・・・」(←途中でいなくなったりしたので、最低限の撮影はできました)

3

ラテン名: Prosthechea fragrans

芳香で知られている蘭のはずなのですが、匂いに気付きませんでした。高い場所に着生していたから?

4

ムナジロマイコドリ

薄暗い場所で、撮影には苦労しました。枝のキノコが可愛らしい?辺りは求愛場だったようで、あちこちで「パチッ、パチッ」と音が聞こえました。

5_202012292333049e3.jpg

よく見かける大型のキノコですが、名前が分かりません。

6_20201229233256112.jpg

散策路で、一番目立つ大木でした。どれくらいの蘭が、着生しているのかな~。

7_2020122923330939f.jpg

サンショクキムネオオハシ

尾が短くて、カンガルーのようにピョン、ピョン跳ねていました。何があったのでしょう?

8_20201229233309ddc.jpg

ラテン名: Dichaea panamensis

板根の近くに着生していました。上ばかり見ていると、見逃してしまいます。低地で普通に見かける蘭です。

9_2020122923330957f.jpg

葉を見たときに「探し求めていた蘭」かと思ったのですが、バルブ(偽球茎)を見てガッカリ・・・・。それでも貴重なゴンゴラ属です。

結局、林内で別株を見つけることは、できませんでした・・・・。

10_202012292332452c0.jpg

ラテン名: Bothrops asper

通称fer-de-lance、最も猛毒なヴァイパーの一種です。低地だと毒蛇がいるので、蘭探しも気が抜けません。

近くに病院もない僻地です。一人で散策していて、咬まれたら・・・・。(ll゚Д゚)

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

いつも、ご訪問ありがとうございます。これが今年最後の投稿になります。皆様、良いお年をお迎え下さい。

関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

12歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/