2020/02/28

チャバラテンニョゲラ コスタリカで、一番イケメンなキツツキかも?

1a_20200228103130f06.jpg

1b_20200228103333b81.jpg

個人的に、コスタリカで一番好きなキツツキです。メスには赤がないので、見た目のインパクトがいまいちかもしれません。

慌てて撮ったので、露出補正していません。結果、右下の植物が「白飛び」しています。トリミングして誤魔化そうとすると、尾の先端が切れてしまいますね。σ(^_^;)

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影

拍手ボタンの設置をやめました。今までたくさんの拍手ポチッ、ありがとうございました!

関連記事
    
2020/02/19

小型の蘭しか残っていない?でも「大物」が!?

1a Brassia arcuigera

ラテン名: Brassia arcuigera

1b_20200219201353bcc.jpg

こんな感じで、咲いていました。

道端で蘭探しをしていたら、見慣れない種を見つけました。しかし有刺鉄線があって、近寄れません。地主さんに許可を得て、近くで撮影させてもらおうと思いました。

入り口に一人の女性が来て、蘭の撮影をしたいと説明しました。「撮影だけなのか?」と質問してきました。最初、意味が理解できなかったのですが、自生している蘭を採るなということだったのです。

どうやら夫婦で管理している、小さな保護区みたいでした。奥さんが蘭好きで、敷地から蘭が盗まれることを嘆いていました。

「昔は大型種も存在したのだけど、今は小型種しか残っていないと思うわ。みんな盗掘されてしまったから・・・・」コスタリカでは、よくある話です。

とにかく見慣れない種を撮影したかったので、入場料を払って中に入りました。周囲の低木には、極小類がたくさん着生していました。

お目当ての蘭を撮影後、敷地内をくまなく調べることにしました。

時間が経過



1c_20200219210234309.jpg

「あっ!スパイダー・オーキッド!」」急斜面の低い場所に着生していたため、盲点となっていたのでしょう。←危ないから、急斜面を降りるな~。(^▽^;)

このエリアに存在することは、知っていました。なぜなら、近くにある民家の庭に飾られていたからです(←保護区から盗掘?)。

以前に掲載したBrassia gireoudianaほど大きな花ではありませんが、それでも二十センチを超す花を咲かせる大型種です。


撮影後、奥さんと話をしたところ、以前は何株も自生していたそうです。「これが最後の一株かもしれないわ」悲しそうに話をしていました。

そして、この株も後に盗掘されてしまいました。この国には非常識な人間が、一体どれだけいるのでしょうか?悲しい限りです。(T△T)

1d_202002192013564bf.jpg

別のエリアで撮影した株です。カラー・バリエーションが存在します。この株も消えてしまいました・・・・。

2a Homalopetalum pumilio

ラテン名: Homalopetalum pumilio 

2b_202002192013447ab.jpg

こんな感じで、咲いていました。

冒頭で書いた、見慣れない蘭は初見の属でした。こういった形をした花は、極小類に多いのですが、花の大きさは六センチほどあります。

何度も訪問を繰り返しているうちに、このエリアでは普通種だと分かりました。道端の低木や杭に、普通に着生していました。

この蘭を見つけなければ、最初に紹介した「スパイダー・オーキッド」との出会いはありませんでした。そういった意味で、忘れられない種となりました。

3a Dichaea panamensis

ラテン名: Dichaea panamensis

3b_20200219201347ab0.jpg

こんな感じで、咲いていました。

初見はツアーの訪問先でした。何度も訪問を繰り返すも、綺麗に咲く株とは縁がありませんでした。

この株は保護区に行く途中、道端で見つけました。これほど赤味を帯びた個体は見たことがなかったので、夢中になって撮影しました(白いカラー・バリエーションしか見たことがなかった)。

4a Maxillaria exaltata

ラテン名: Maxillaria exaltata

4b_20200219201350efd.jpg

こんな感じで、咲いていました。

同じく、保護区近くの道端で撮影しました。頻繁に訪問する国立公園でも普通種でしたが、何故かイイ感じに撮影できていませんでした。ようやく、ブログに掲載できる一枚が撮れました(妥協した感があるのですが・・・・)。

四枚目のみリコーCX5で撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


関連記事
    
2020/02/12

ようやく撮れた開翅シーン!今でも興奮が蘇ります!

344a Callicore tolima (pacifica)bugaba Blue-and-orange Eighty-eight ウズマキタテハ属

344b.jpg

ウズマキタテハ属、ラテン名: Callicore tolima bugaba 英名: Blue-and-orange Eighty-eight  

過去に何度か掲載している、トリマウズマキタテハです。ウズマキタテハの仲間では、最も観察回数が多い種だと思います。

特にエクアドル訪問時には、かならず見ているような気がします。にもかかわらず、開翅シーンの撮影に数年を要しています。

葉の上で静止している時は、翅を閉じています。この時は、すばやく翅の開閉を繰り返していました。撮れたと思ったら、翅を閉じてるシーンばかり・・・・。

ようやく撮影に成功した時には、「やった~」と叫びそうになったほどです。五年以上も経った今でも、その時のことを鮮明に覚えています。

当時はコンデジのリコーCX5で、蝶撮影していました。一眼で連写すれば、容易に撮れたのかもしれません。

Diaethria astala astala Astala Eighty-eight ウラモジタテハ属3

Diaethria astala astala Astala Eighty-eight ウラモジタテハ属2

Diaethria astala astala Astala Eighty-eight ウラモジタテハ属

ウラモジタテハ属、ラテン名: Diaethria astala astala 英名: Astala Eighty-eight

ルリモンウラモジタテハも同様で、裏翅だけしか撮影できていませんでした。飛翔時に瑠璃色がチラリと見えても、とまると直ぐに閉じてしまいます。

ですから開翅シーンを撮るのに、数年掛かりました。左の翅をもう少し開いてくれたら、大満足だったのですが・・・・。撮影は六年以上も前のことですが、昨日のことのように覚えています。

その後、私の興味は蝶から野生蘭に移り、現在に至ります。必然的に蝶撮影も稀となり、私には思い出深い、貴重な写真となっています。

全てリコーCX5で撮影


関連記事
    
2020/02/04

メキシコインコ ○○○○の巣は、子育てに最適だって~!?

1a_2020020416324971c.jpg

下にある何かが、気になるようです。

1b_202002041632530b4.jpg

気になって、仕方がありません。

1c_20200204163253eea.jpg

何が気になるかって?それはシロアリの巣です。

1d_20200204163208fe4.jpg

シロアリの巣に穴を掘って、営巣します。一部のキヌバネドリ、オオガシラの仲間も営巣時に、シロアリの巣を利用します。雨に濡れませんし、中は涼しく過ごしやすいそうです。

1e_20200204163252f57.jpg

近くでは別のペアが、「新居を構えていました」

1f.jpg

ラブラブ~!

下の二枚は、息子が撮影しました。

1g.jpg

息子の300ミリでは、少し距離が遠かったようです。「ダディみたいに、大きく撮りたいな・・・・」と呟いていました。よしよし(,^^)/(T-T)うるうる

1h.jpg

穴を掘っている最中です。

一~六枚目はキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
七、八枚目はキャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影

関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/