2019/12/04

ルリノジコ「幸せの青い鳥」と予期せぬ出会いがありました!&ヒメキヌバネドリ「お願いだから、飛ばないでくれ~」

この記事は「早起きふくろうさん」に捧げます。病気に負けないで下さい。

1_201912040134089a0.jpg

許可を得て、私有地で蘭探しをしていました。突然、鮮やかな青が視界に入って来ました。しかも複数です。「高地で鮮やかな青?」双眼鏡で確認すると、渡り鳥のルリノジコでした。

図鑑によると、低地から標高1,500メートルくらいのエリアにて生息とあります。低地で観察した記憶しかないので、予期せぬ出会いでした。

ちなみに冬羽は非常に地味で、薄い土色に青い斑点があります。←汚らしい印象さえ受けます。この時(去年の三月末)は北米に戻る直前だったので、美しい姿に変貌していました。

2_201912040108569c5.jpg

息子「早起きふくろうさんのために、頑張って撮影しました!」

息子が撮影したヒメキヌバネドリは、ハラハラ、ドキドキでした。撮影しようとした時に、観光バスが迫って来ました(道端で探鳥していた)。

私「驚いて、飛んじゃうよ~」

通過するかと思いきや、我々の前で停車しました。

私「観光客がゾロゾロ出て来たら、飛んじゃうよ~」

するとバスの窓が開き、ガイドらしき人物が話しかけて来ました。

私「静かにしてくれないと、飛んじゃうよ~」

心配しまくりでしたが、幸運にも飛ぶことはありませんでした。それに、息子は外野を気にする様子もなく、冷静に撮影してました。(^▽^;)

全てキャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影

「このブログの評価」を使用されて、時折コメントをいただきます。そのコメントに対して、私からは返信できないシステムになっています。ですが、コメントはかならず拝見させていただいています。ご訪問、拍手ポチッ、コメントありがとうございます。

関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/