2019/05/27

キンズキンフウキンチョウ いい感じで撮れた?&嬉しいお知らせです!

IMG_3259.jpg

撮影技術がないので、野鳥を撮るだけで精一杯です。構図を考える余裕もありません。この一枚は植物と鳥の組み合わせが、いい感じに撮れたかなと思っています。

小さな緑の実は、ほとんど残っていません。誰が食べちゃったんでしょうね~。

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影

1_2019052712324544b.jpg

2_201905271232444d7.jpg

FC2ブログランキングに登録しています。ジャンルは写真で、サブジャンルは動物に設定してあります。

今日ランキングを見たら、どちらも一位に選ばれていました!ハンドルネームは「コスタリカの野鳥ガイド」なんですが、「コスタリカの野鳥ガイ」になってますけど・・・・字数制限あるのかな?(^▽^;)

ランキングは直ぐに下がりますが、たとえ「一日天下」であっても、素直に嬉しかったです。皆さんのおかげです。いつもご訪問&拍手ボタンのポチッありがとうございます。( v^-゚)Thanks♪感謝の印として、記事をアップしました。これからも宜しくお願いします。

関連記事
    
2019/05/25

ありそうでなかった、蘭と雫のコラボです!

528a Lepanthes elegans 8mm

ラテン名: Lepanthes elegans

528b.jpg

こんな感じで、咲いていました。

528aa.jpg

中央の水滴は、そら豆の形に見える?

蘭の自生地は、雨が頻繁に降ります。エリアによっては乾季もなく、一年中湿っています。撮影時に雨が降っていることもありますが、過去の画像を見ると、意外と雫が目立ちません。そういう意味で、私的にはレアな一枚となりました。

レパンセス属の中では、割と大きめの花を付けます。花の大きさは八ミリほどあります(平均サイズは三~五ミリ)。ちなみに、この蘭を撮影した場所は多くの木が切り倒され、宅地になってしまいました・・・・。

315aa Epidendrum belloi maybe

ラテン名: Epidendrum belloi?

315b.jpg

こんな感じで、咲いていました。

検索しても、花の画像が出てきません。知り合いの蘭学者が作成しているデータベースでも、イラストのみしか存在しません。

花の色合いが緑っぽいので、樹冠部に着生していたら、容易に見過ごしてしまいそうです。この株は着生している枝が地面に落ちていたので、気が付きましたが・・・・。

508c Tricosalpinx minutipetala

ラテン名: Tricosalpinx minutipetala

508d.jpg

こんな感じで、咲いていました。

類似種が存在するので、知り合いの蘭学者に識別してもらいました。葉裏に咲くタイプなので、葉形を認識できないと、花に気が付きません。花の大きさは五ミリほどあります。

551a Pleurothallis radula endemic

ラテン名: Pleurothallis radula(固有種) 

551b.jpg

こんな感じで、咲いていました。

プレウロタレス属としては珍しく、地生種です(着生しているケースもある)。あちこちで密集状態だったので、踏み付けないように注意して歩きました。赤紫のカラー・バリエーションも存在するようです。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


皆さん、良い週末を!\(^▽^)/

関連記事
    
2019/05/19

マダラウズラ えっ!いつから、そこにいたの?

IMG_2868.jpg

地味な色合いですが、模様が美しいウズラの仲間です。マッタリしていたので、焦ることなく撮影できました。そして、数分後に・・・・(ウズラの右下に注目)

IMG_2853.jpg

あれ?いつの間にか、雛がいます!親鳥の後ろに、隠れていたのでしょうか。

IMG_2873.jpg

別個体です。緊張が高まると、橙色の冠羽が立ちます。

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影

皆さん、良い週末を!\(^▽^)/

関連記事
    
2019/05/16

白いセセリチョウが、自宅のランタナに飛来します!

128a Heliopetes laviana Laviana White-Skipper シロセセリ属

RIMG7300_20190516053706548.jpg

♂個体

128c Heliopetes laviana Laviana White-Skipper シロセセリ属

128d.jpg

♀個体

シロセセリ属、ラテン名: Heliopetes laviana 英名: Laviana White-Skipper 

この属は複数種が記録されていますが、自宅のランタナでは一種しか観察したことがありません。可愛らしい姿にホッコリします。縄張り意識の強いハチドリに、撃退されますが・・・・。


82a Heliconias hecale zuleika tiger longwing hecale longwing

82b.jpg

ドクチョウ属、ラテン名: Heliconias hecale zuleika 英名: Hecale Longwing

自宅周辺では観察したことがありませんが、車で十五分ほど移動すると、生息エリアに入ります。都心部にあるホテルの庭でも、普通に見かけます。蝶園でも定番の種だと思います。

26_20190516013023323.jpg

アイイロシジミ属、ラテン名: Panthiades bathildis 英名: Zebra-striped Hairstreak 

高温多湿の低地に生息しています。何度も観察していますが、開翅してくれません。尾状突起を動かしていると、綺麗な青がチラリと見える時があります。

最後の一枚はキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
残りは全てリコーCX5で撮影

関連記事
    
2019/05/08

ズグロミツドリ 拍手ボタンが見当たらない方は、お知らせ下さい!

IMG_0988.jpg

拍手ボタンを設置したのに、見当たらないという報告が三件ありました。設置場所は記事の左下です。

HTML内のタグの位置が、正しくないのかな~。今回も駄目なら、修正は諦めます。

再確認したいだけなので、記事は画像だけの手抜きです。すみません。m(_ _;)m ゴメン!!

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影

関連記事
    
2019/05/06

ムナジロマイコドリ 茂みの小さな隙間から、「覗き見ズーム撮影」しました!

IMG_4577_20190516065955faf.jpg

IMG_4585_20190516065958fff.jpg

茂った場所にいる野鳥を撮る際、葉被り、枝被り等に悩まされます。撮影どころか、観察さえ困難な時もあります。 

こういう状況下だと、超望遠コンデジが威力を発揮します。被写体が見える「小窓」さえあれば、目一杯ズームして撮影が可能になります。

とは言うものの、薄暗い場所だったので、容易ではありませんでした。全長十センチしかない小鳥です。コロコロした体型で、愛らしく思いませんか?

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影

拍手ボタンを設置したのですが、ボタンが見当たらないという報告が、三件ありました。使用しているブラウザが原因なのかな?

関連記事
    
2019/05/05

愛は種を乗り越える?見つめ合う二種の蘭!?

405c.jpg

ラテン名: Diodonopsis erinacea

405d.jpg

こんな感じで、咲いていました。

405e.jpg

ラブラブ状態?

食虫植物にも見える(?)、小型の蘭です。ディオドノプシスはマスデバリア属からの派生です。複数種が着生しているのは当たり前ですが、このように隣同士で開花しているのは、初めて見ました。左側は過去に掲載した、Masdevallia nidificaです。


撮影後、二種の蝶が向かい合っているシーンを思い出しました。


0a Camaridium bradeorum

ラテン名: Camaridium bradeorum

0b_20190505040130baf.jpg

こんな感じで、咲いていました。

大きな株ですが、花は一、二輪しか付かないようです。同属のCamaridium amabileのように多数の花を咲かせれば、さぞかし見栄えすることでしょう。


14e.jpg

ラテン名: Sobralia leucoxantha

14f.jpg

こんな感じで、咲いていました。

一日咲きのソブラリア属の中で、最も頻繁に見かける種です。国道、田舎道の斜面で普通に見かけます。自宅から車で十五分も走れば、自生地に辿り着きます。直ぐに枯れてしまうので、開花直後に撮影したいですね。花の大きさは十センチほどあります。

532a 1cm

Stelis属の一種

532b.jpg

こんな感じで、咲いていました。

ステリス属としては、大きな花を咲かせます(通常は三~五ミリ)。類似種が多すぎて、識別は諦めています。知り合いの蘭学者に問い合わせても、明確な返事が来るかも分かりません。花の大きさは一センチほどあります。

一、二、四、五枚目はリコーCX5で撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


関連記事
    
2019/05/01

花鳥風月(第十二回)散策路にも行かず、庭周辺で気楽に撮影しました!

家族旅行特集、最終回

ホテルには散策路がありましたが、怠けて庭だけで撮影しました(どうせ目新しい発見もないだろうし・・・・)。

1_201905010346303bb.jpg

前回に掲載した川辺は、水鳥の撮影に適しています。ここでヤマセミとか待つ気分にもなれず、直ぐにホテルに戻りました。

2_20190501034632e48.jpg

アメリカヒョウモンモドキ属、ラテン名: Chlosyne narva bonpland
 英名: Narva Checkerspot

このホテルに宿泊すると、かならず見かける蝶です。


3_20190501034633583.jpg

アサギドクチョウ属、ラテン名: Philaethria diatonica 英名: Northern Green Longwing

樹冠部にいることが多く、撮影が非常に難しい蝶です。今回で二度目の撮影となりました。初めて撮影した時は、息子が見つけてくれました。あの時は嬉しかったな~。


このホテルに来ると、必ず観察できる美しい蝶がいました。しかも、いつも同じヘリコニアにいました。蝶に詳しい方いわく、世代交代しても、同じエリアに戻って来るのだとか。しかし、初めて観察することができませんでした。


4_20190501034635d39.jpg

ニショクキムネ(クリハシ)オオハシを撮影しています。

5a.jpg

今にも飛びそうな姿勢です。

5b_20190501034637bc6.jpg

あ~、遅かった。飛翔姿は私だって撮れません。

5c.jpg

上嘴に光が反射しているのが残念ですが、息子本人は満足しているようでした。撮影後、自慢げに液晶画面で見せてくれました。

6_20190501034642b82.jpg

低木に着生していました。低地にも少なからず、蘭は存在します。

7_20190501034642469.jpg

蘭としては珍しく、雄雌異花のCatasetum maculatumです。明らかに、従業員か誰かが植え付けた株です。

国道沿いの大木に普通に着生しているので、そこから持ち込まれたのでしょう(エコツーリズムを謳っているのなら、こういう行為は止めてくれ~)。


8_20190501034643cee.jpg

カシューナッツです。コスタリカではナッツではなく、赤いフルーツの方を食べるようです。独特の味で、私は吐き出した経験があります。国民性の違いなのか、美味とは思えません。(^○^)

9_201905010346238f6.jpg

部屋の直ぐ外にはクロイグアナがいて、

10_20190501034624157.jpg

樹上にはグリーンイグアナが、日向ぼっこしていました。

11a.jpg

コウモリが大好きなので、名前がコウモリハヤブサです(単純明快!)。常に高い場所にいるので、超望遠コンデジが力を発揮しました。

11b_2019050103462756b.jpg

何度か露出を変えて撮影しましたが、結局、適正値が分かりませんでした。空抜け撮影は難しいです。テニスをしていた時に、木にとまってるのに気が付きました。カメラ持ってて、良かったです。

12_20190501034629e4e.jpg

蘭が着生していた大木も切り倒されたし、ここでも・・・・。ホテルの庭は、ヤシとか人為的に植え付けられた樹木ばかりです。人工のトロピカル・ガーデンで、本来の自然ではありません。

残り少ない「オリジナル」の木を切り倒して、一体何がしたいのでしょう?

五~七枚目はキャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影
五残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/