2018/02/19

カザリキヌバネドリ(ケツァール) 八歳の息子が、「世界一美しい鳥」を激写しました!

昨年の11月に一眼を再入手して以来、息子は野鳥ばかり撮るようになりました。先月の家族旅行で、野鳥撮影の楽しさを再認識したようです。次はケツァールを撮影したいと言うので、昨日に出掛けました。

昨今の「ケツァール・フィーバー」は尋常ではありません。ツアー先の餌場では100~150人のバーダー、観光客が殺到することも珍しくなくなりました。

必然的にマナーの悪い観察者、撮影者が増加、ケツァールがまともに食事できず、直ぐに飛んで行ってしまうこともあります。それ以前に、餌場に飛来する個体数も減ってしまいました。

そんな場所で息子が撮影することは困難であり、敢えて無名の餌場を訪問しました。このポイントは年に一ヶ月ほどしか観察チャンスがないので、ツアーで組み込むことが難しかったりします。

ここでは大勢に囲まれることがないので、ケツァールはのんびりと食事ができます。この餌場では他に誰もいませんでしたし、二時間以上経ってもケツァールが居続け(オス二羽、メス一羽)、我々が先に退却するほどでした。

有名な餌場だと、酷いときには数分で飛び去ってしまうことも・・・・。常に人間に追い掛けられるケツァールは、「世界で一番美しい鳥」だけでなく、「世界で一番可愛そうな鳥」だとも言えます。

300ミリレンズは八歳の息子には重く、何度も辛そうにしながら頑張っていました。おまけに霧雨状態が続き、私は息子とカメラが濡れないように、終始アシスト役に徹しました。それでは、息子が撮影したケツァールを紹介します。

1_20180218233544cc7.jpg

2_2018021823354138f.jpg

時折、青空も見えましたが、霧雨状態で大変でした。

3_20180218233516cfe.jpg

4_201802182335252a4.jpg

ケツァールの主食「リトル・アボカド」、食べ放題の状態でした。

5_201802182335436b3.jpg

アボカドをくわえているのが分かりますか?

7.jpg

7b_20180218233518fd4.jpg

メス個体です。オスと比べると、どうしても地味に見えてしまいます。

8_2018021823353651c.jpg

ケツァールがどこにいるか分かりますか?

8b.jpg

9_2018021823352968a.jpg

9b.jpg

9c.jpg

偶然に撮れたようです。コンデジだと数枚しか撮らないのに、一眼だと連写しまくります。(^▽^;)

10_20180218233535f7d.jpg

11_201802182335428ae.jpg

アボカドの種を吐き出す直前の一コマです。

11b.jpg

手前の枝が邪魔でした。頭頂が金色に輝いて見える時があります。

12_201802182335386ad.jpg

高らかに勝利宣言!?八歳でケツァール撮影を成し遂げたのですから、恵まれていると思いました。

全てキャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影

帰路の途中、国花の蘭が自生している場所に立ち寄りました。まだ五分咲き程度でしたが、盗掘されている様子もなく、ホッとしました。

この後、しばらく更新できないかもしれません。

関連記事
    
2018/02/14

模様を凝視すると、目が回りそうです!

216d.jpg

216e.jpg

♂個体

216c.jpg

216b.jpg

♀個体

オオカバタテハ属、ラテン名: Smyrna blomfildia datis 英名: Blomfild’s Beauty

裏翅に渦巻きや目玉模様が入っているので、目がクラクラしそうです。この模様であれば、天敵も怯むことでしょう。

四年ほど前に撮影しました。当時は蝶撮影に夢中だったので、開翅するまで忍耐強く待つこともありました。今の私には、無理だと断言できます。(^○^)

127 Aphrissa statira statira Statira Sulphur  マルバネウスキチョウ

マルバネウスキチョウ属、ラテン名: Aphrissa statira statira 英名: Statira Sulphur 

シンプルな模様のキチョウです。未だにキチョウの開翅シーンを、撮影したことありません。

28 Arawacus sito Fine-lined Hairstreak ウラスジカラスシジミ属

ウラスジカラスシジミ属、ラテン名: Arawacus sito? 英名: Fine-lined Hairstreak  

類似種、Arawacus leucogynaかもしれません。図鑑に識別点が記載されているのですが、それでも違いが分かりません。(^▽^;)専門家でないと、区別できないレベル?開翅すれば、綺麗な青を拝めるですが・・・・。

全てリコーCX5で撮影

関連記事
    
2018/02/08

寒さにブルブル震えながら、この蘭を撮影しました!

122g.jpg

ラテン名: Specklinia strumosa 

122h.jpg

こんな感じで、咲いていました。

この日は低地で散策していました。目新しい蘭も見つからず、帰路の途中、高地に立ち寄りました。車から降りると、冷たい風が吹いていました。停車した場所の近くで開花していたのが、このSpecklinia strumosaでした。

撮影しようとしましたが、寒さに耐えられず、上着を取りに行きました。そして上着を持参してなかったことに、気が付きました。高温多湿な低地で、一日過ごす予定だったからです。

「手土産」なしで帰宅するのも癪だったので、根性で撮影しました。強風で花が揺れまくり、ブレの連発でした(花茎は一ミリほど)。「お願いだから、まともな一枚撮らせてくれ~」ブルブル震えながら、鼻水ズルズル垂らしていたと思います。(^▽^;)

524a Heterotaxis valenzuelana

ラテン名: Heterotaxis valenzuelana

524b.jpg

こんな感じで、咲いていました。

四十メートルを超えるであろう立派な木でした。地盤が不安定になって、倒木したようでした。そこには色々な蘭が着生していました(開花していたのは、一種のみ)。

この属は葉の形がユニークで、この状態で完全開花です(シッカリと開かない)。ほとんどの株が樹冠部に着生していたので、倒れていなければ撮影できませんでした。

444a Cranichis lankesteri endemic

ラテン名: Cranichis lankesteri(固有種)

444b.jpg

こんな感じで、咲いていました。

コスタリカの蘭は着生種が九割を占めるので、地生種を見つけると嬉しくなります。ただし、ほとんどが地味な色合いです。初めて訪問した、私有保護区の樫林で見つけました。画像からは想像もつかないほど薄暗い場所で、手持ちでは撮影が不可能でした。

506e Lepanthes monteverdensis endemic

ラテン名: Lepanthes monteverdensis(固有種)

506f.jpg

こんな感じで、咲いていました。

monteverdensisは発見地である、モンテベルデに由来します。固有種であるだけでなく、国内でもこのエリアでしか記録がないようです。ですから、世界的にも非常に貴重な存在かと思います。

コスタリカは小国ですが、蘭は固有種が多く、その多様性に驚かされます。野鳥の固有種は本土に三種、ココ島に三種しか記録されていません。花の大きさは五ミリほどあります。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/