2016/08/24

蘭にも雄花、雌花が存在するの!?



ラテン名: Catasetum maculatum(雄花)



こんな感じで、咲いていました。



ラテン名: Catasetum maculatum(雌花)



こんな感じで、咲いていました。

私が知る限りでは、雄雌異花が存在する蘭は、カタセタム属だけです。小さい株だと雄花が咲く傾向にあるそうですが、雄花、雌花が同時に咲くケースもあるとか(見てみたい!)。また、花の形も株ごとに微妙に異なったり、カラーバリエーションも存在します。

花の大きさは六センチ近くあるので、野生種としては大型に分類されます。コスタリカでは大型種は乱獲され、自然界で見ることが非常に難しくなっています。「特定の大型種は樹冠に少数が残存するのみで、他は採り尽くされているのが現状」と手持ちの図鑑に記述があります。

ただし、Catasetum maculatumは例外なのか、沿岸部にある特定種の巨木に、数多くが着生しています。もっとも自生地近くの民家や、レストランの店先などで飾られていたりするので、盗掘の対象にはなっているようです。



ラテン名: Isochilus carnosiflorus?



こんな感じで、咲いていました。

イソキラス属は類似種が多く、私には識別ができません。そこで知り合いの蘭学者に同定をお願いしたところ、この画像だけでの断定は難しいようでした。花の大きさは七ミリほどあります。



ラテン名: Epidendrum muscicola



こんな感じで、咲いていました。

エピデンドラム属の中では最少類で、花の大きさは五ミリほどあります。強風が吹いていたので、撮影が大変でした。手持ちの図鑑には固有種とあるのですが、後に隣国のパナマでも記録されたようです。



ラテン名: Camaridium microphyton



こんな感じで、咲いていました。

同じく手持ちの図鑑には固有種と書かれているのですが、後にパナマ西部でも見つかったようです。半開きのままで花が終わるケースが多いようで、満足のいく写真が撮れていませんでした(ピンぼけが多かったり・・・・)。

先月、牧草地に散在している低木で、ようやく綺麗に咲いている株を見つけました。撮影後には雨が降り始めたので、タイミング的にも幸運でした。

一~六枚目はキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
七~十枚目はリコーCX5で撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


関連記事
    
2016/08/23

”インコを冠した”蛇って?



Leptophis属、英名: Parrot Snake

英名を直訳すると、インコ・ヘビになります。どうして、こんな名前が付いていると思いますか?

1. インコが主食だから
2. インコのような色合いだから
3. インコの鳴き声を彷彿させる音を出すから
4. インコと相互共生の関係にあるから
5. インコと勘違いされたことがあるから

正解は・・・・?
↓ 

↓ 

↓ 

↓ 

↓ 

実は私にも分かりません。ヾ(^-^;) ゴメンゴメン

ネットで検索したのですが、名前の由来が分かるような記述がありませんでした。どなたかご存知ですか?

ParrotSnake.jpg

ロッジの野外レストランの横で撮影しました。過去に同じエリアで、大蛇ボアがクロイグアナを飲み込もうとしていたことがあります。


このヘビも獲物を飲み込んで、消化中という感じでした(赤い矢印に注目)。ここはヘビにとっても、”野外レストラン”となっているようです。

関連記事
    
2016/08/18

オナガレンジャクモドキ 親子で撮影しました!



夏休みになり、国立公園に出掛けた際の帰り道、久しぶりに親子で野鳥を撮影する機会がありました。

仕事でもプライベートでも数え切れないほど見ている鳥なのですが、有刺鉄線にとまっている姿は初めて見ました。

普段は高い場所にいることが多く、好みの実がなっている時期には、目線で観察できたりします。主食は果実ですが、この時は牧草地にいる虫を捕食しようとしていた?

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影

下の二枚は息子が撮影しました。



「家畜のいる草地には凶悪なダニがいるから、中には入らないようにね~」と注意しようと思ったら、既に息子は入り込んで、カメラを構えていました(はやっ!)。

しかも、草地にあった大きな岩を前にして、身を潜めるかのような姿勢でした。「敵地を偵察に来たスパイですか、君は・・・・」(^▽^;)



仔牛とのコラボは、子どもならではの発想でしょうか。この時、私は一回もシャッターを押しませんでした。

キャノン・パワーショットSX710HSで撮影

関連記事
    
2016/08/12

息子の祈りが、まだ見ぬ蘭との出会いを導いてくれました!



ラテン名: Dichaea lankesteri



こんな感じで、咲いていました。

未見種との出会いが、一ヶ月ほどありませんでした。ストレスが溜り、落胆の日々が続いていました。その様子を察してか、出掛ける際に、息子がお祈りしてくれました(米人である妻の影響で、よくお祈りする)。「神様、ダディが新しい蘭を見つけられますように・・・・」

この日、久しぶりに新たな出会いがありました。それが画像のDichaea lankesteriで、思い出深い一種となりました。撮影後、息子に電話して、感謝の気持ちを伝えました。夜は乾杯の意味で、二人でチョコレート・アイスクリームを貪りました。ε= o(´~`;)o タベスギー

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影



ラテン名: Pleurothallis loranthophylla



こんな感じで、咲いていました。

国立公園の散策路で見つけました。画像では明るく見えるかもしれませんが、日中でも薄暗い、鬱蒼とした森です。この色合いのプレウロタレスは初めてだったので、興奮気味に撮影しました。

キャノン・パワーショットSX50HSで撮影

blog_import_5a124ce40bed6_20190327123557ebf.jpeg

ラテン名: Epidendrum estrellense



こんな感じで、咲いていました。

La Estrellaという村落で初めて発見されたエピデンドラムの仲間で、ラテン名はその地名にちなんで付けられたようです。後に隣国のパナマでも見つかり、固有種ではなくなってしまいました。ちなみに、私が見つけた場所もLa Estrellaでした。

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影



ラテン名: Epidendrum endresii



こんな感じで、咲いていました。

見つけた途端に雨がパラツキ始め、ドキドキしながら撮影したことを覚えています。満足の行く撮影ができた頃には本降りになり、最終的にはビショ濡れになりました。いつも思いますが、蘭探し&撮影は大変です。

キャノン・パワーショットSX50HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。

EPIDENDRA-Global Orchid Taxonomic Network
Internet Orchid Species Photo Encyclopedia



家族旅行の際、息子がアイパッドで描いてくれました。精神的に凹んでいたので、私を励ますつもりだったようです。「I love you」が「I luv u」になっていますが・・・・。(^▽^;)

右上の三角形の赤い花、左右にある黄色い花は蘭だそうです。以前の絵には、蝶などの虫が描かれていました。私の興味の中心が野生蘭に移ったことを、シッカリと理解しているようです。

ちなみに、私の好きな色が赤で、息子は青、妻は緑です。それぞれの服装を好みの色に塗り分けていることに気が付き、ちょっと驚きました。

関連記事
    
2016/08/11

久しぶりの更新です!&シジミチョウの開翅シーンが撮れたと思ったら、今度は・・・・

久しぶりの更新です。膝痛は相変わらずなのですが、長い間続いていた頭痛は治まったようです。精神面で少し余裕ができたのかもしれません。今は先のことを考えないようにして、普通の生活に戻れるように努めたいと思っています。

ナイス!&ゲストブックへの書き込みありがとうございました。スローペースでの更新になると思いますが、お付き合いのほど宜しくお願いします。



アメリカカラスシジミ属、ラテン名: Strymon gabatha 英名: Great Scrub-Hairstreak

蝶の撮影で最も苦手なのが、シジミチョウの開翅シーンです。この日は生憎の天気で、蝶の姿もありませんでした。数時間後、ようやく雲間から光が差し込みました。

すると、閃光の如く蝶が飛来し、私の目の前の葉にとまりました。そして、瞬く間に翅を開きました。よく見ると、大型のシジミチョウでした。

「シジミの開翅シーンが撮れた~」と心の中で叫んでいました。「今度は裏翅を撮らねば・・・・」と思った途端、樹冠部へ姿を消してしまいました。

普段は裏翅しか撮れないのに、この日は逆のパターンでした。その後、同じ種を見ていません(三年近く前に撮影)。やはりシジミの撮影は上手くいきません・・・・。





マダラアカセセリ属、ラテン名: Poanes zabulon 英名: Zabulon Skipper

注: 上下の画像は、別々の個体です。

自宅のランタナに飛来するセセリチョウです。直ぐに翅を開くタイプなので、撮影は容易です。シジミチョウも見習って欲しいものです。(^○^)





ベニスジシロモンタテハ属、ラテン名: Pyrrhogyra otolais otolais 
英名: Double-banded Banner

「白紋」とありますが、実際は少し緑がかっています。分かりますでしょうか。過去に撮影した同属別種もそうでしたので、このような色合いなのだと思います。

蚊がウジャウジャいる場所で、撮影に苦労したことを記憶しています。特に翅を開いてくれるまでの待ち時間・・・・。(>_<。)

二枚目のみソニーDSC-W1で撮影
他は全てリコーCX5で撮影

関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/