2016/03/30

こ、これは怪しい蘭です!



ラテン名: Scaphosepalum anchoriferum
 


こんな感じで、咲いていました。
 
花だけ見ると、蘭と認識できないほど妖艶な印象でした。ユニークな形だったので、色々なアングルから撮影すれば良かった、と後悔しています。

以前に紹介した猿顔の蘭、Dracula erythrochaeteも、同じ木に着生していました。珍しい蘭を二種も観察できたので、嬉しい一日となりました。
 
 


ラテン名: Epidendrum ramonianum(固有種)?
 


こんな感じで、咲いていました。
 
ネット検索で外見が良く似たイラストを、ようやく見つけました。ただ、その一枚しか存在しないので、同定は間違っているかもしれません。下位群Platystigmaまでは分かったのですが・・・・。

蝶もそうですが、蘭はそれ以上に画像資料が少ないので、同定は大変な作業です。牧草地の灌木に着生していました。
 


Stelis属の一種 
 


こんな感じで、咲いていました。
 
この属はよほどの特徴がない限り、種の同定ができません。たびたび知り合いの蘭学者に質問するのも気が引けるので、属名だけで「我慢する」ことにしました。
 
風が吹いていたので、撮影には苦労しました。この属としては比較的大きな花で、七ミリほどあります(通常は三~五ミリ)。
 


ラテン名: Sobralia chrysostoma
 


こんな感じで、咲いていました。
 
手持ちの図鑑には固有種と書かれていますが、隣国パナマでも記録されたようです。花の大きさは十二センチ以上、と参考資料に書かれています。
 
コスタリカの大型種は、盗掘されるのが当たり前です。しかし、以前にも書きましたが、この属は対象外と思われます。理由は単純で、「一日花」だからです。種によっては一日どころか、数時間で枯れてしまうそうです。
 
道端で撮影していると、一台の車が停まりました。若いヨーロッパ人の観光客が出て来て、何を撮影しているのかと聞かれました。そこで、この花が一日開花しただけで枯れてしまう蘭であると、説明しました。
 
以前に紹介したEpidendrum radicansも周囲に咲いていたので、それらも蘭であることを話しました。すると、奥さん(恋人?)と思われる女性を連れて来て、二人で嬉しそうに撮影し始めました。
 
盗掘がなければ、こうして誰もが楽しむことができます。やはり、そういった行為は許されないと思いました。
 
 
一枚目~四枚目はキャノン・パワーショットSX50HSで撮影
五枚目~八枚目はキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
 
蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。
 

次回は息子が撮影した野鳥画像を紹介します。「プレッシャーもあったけれど、皆さんのために頑張って撮影しました」←本人談。見て下さいね~。ヨロシク(^○^)/

関連記事
    
2016/03/29

フウキンチョウに負けない鮮やかさです!

前回カラフルなキゴシミドリフウキンチョウ、チャガシラフウキンチョウを紹介しました。派手な色合い、個性的な模様においては、ヨコバイも負けていません。
 

 

 
ラテン名: Ladoffa arcuata
 
ヨコバイとしてはユニークな習性で、頻繁に翅を広げます。他種では見たことがない行動なので、特別な意味合いがあるのかもしれません。
 

 
ラテン名: Barbinolla costaricensis
 
学名からコスタリカの固有種と誤解しそうですが、隣国パナマにも生息しているようです。
 

 
ラテン名: 不明

色々と検索したのですが、学名が分かりませんでした。上記の二種の画像はたくさん存在しますが、この種は見当たりませんでした。珍種なのかもしれません。
 
全てリコーCX5で撮影
 
ヨコバイの投稿は約二年ぶりでした。蘭探しに夢中になっていると、ヨコバイがいそうな葉や茎に目が行きません。キャノン・パワーショットSX60HSのマクロが予想以上に良かったので、三脚を使用して撮ってみたくなりました。

関連記事
    
2016/03/15

キゴシミドリフウキンチョウ&チャガシラフウキンチョウ 超望遠のコンデジは、このように撮ったら楽しい・・・・かも?

今やコンデジの世界では、光学50倍以上が当たり前となりました。遠距離にいる野鳥でも撮れるのが、最大の利点です。しかし、超望遠をもってしても距離があると、それなりにしか写りません。

綺麗に撮影しようと思ったら、25メートルが限界かと思います。そこで遠距離はキッパリと諦め、近距離にいる野鳥を超望遠で撮る。これが意外と楽しかったりします。理由は単純で、鮮明に写るからです。皆さんもお試し下さい。(^○^)

EmeraldTanager.jpg

BayheadedTanager.jpg

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影

週末に、息子は再び野鳥の撮影をしました。しかも「別のカメラ」を使いました。いずれ紹介したいと思います。

関連記事
    
2016/03/12

これらの蘭、何に見えますか?



ラテン名: Trichosalpinx memor
 


こんな感じで、咲いていました。
 


葉裏に咲いているので、気が付かないことも?
 
画像一枚目、左から二番目の花に注目して下さい。人の顔に見えませんか?息子が所持している、レゴのキャラによく似ています。
 


ラテン名: Lepanthes poasensis(固有種)
 


こんな感じで、咲いていました。
 
江崎グリコのキャラをご存知ですか?陸上選手の格好で、ゴールイン時のポーズをとっている彼です。ダイエットに失敗して、太ってしまったのか?それとも、相撲界に転向したのかも?(*^▽^*)

やはり葉裏に咲いているタイプなので、葉の形を認識していないと見つけられません。花の大きさは五ミリほどあります。人型に見せるため、上下を逆さまに掲載しています。
 


ラテン名: Epidendrum exaspheratum
 


こんな感じで、咲いていました。
 
唇弁(リップ)に注目して下さい。人型に見えますよね?子供の頃に観たヒーロー番組、「レインボーマン」を思い出しました。あちこちで見かける普通種です。
 


ラテン名: Leochilus tricuspidatus
 


こんな感じで、咲いていました。

中央の花に注目して下さい。私が学生時代に流行した「不良、ツッパリ学生」に見えました。リーゼント・ヘア、サングラス、学ラン、全て黄色で統一したこだわり派です!ブロメリアなどの着生植物と共に、地面に落ちていました。
 
皆さんには、どのように見えましたか?
 
全てリコーCX5で撮影
 
蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。
 
 
皆さん、良い週末を!\(^▽^)/

関連記事
    
2016/03/11

あれ?コスタリカにいないはずの蝶が・・・・?


 
チャマダラセセリ属、ラテン名: Pyrgus comunis 英名: Common Checkered-Skipper
 
北米に生息する蝶で、南限はメキシコ南部となっています。コスタリカには類似種が生息するのですが、手持ちの図鑑の識別点を見ると、Pyrgus comunisにしか見えません(識別点の四ヵ所全てが一致する)。

中米まで迷い込んでしまったのでしょうか?コスタリカで初記録かもしれません。
 

 
♂個体
 

 
♀個体
 
チャマダラセセリ属、ラテン名: Pyrgus oileus? 英名: Tropical Checkered-Skipper

そして、こちらがコスタリカで普通に見かける種です。ただし、類似種Pyrgus orcusも存在して、私には区別が付きません。図鑑にも識別点の記述がないので、困っています。
 

 
キバネスカシマダラ属、ラテン名: Dircenna dero euchytma 英名: Dero Clearwing 
 
以前に紹介した同属、Dircenna klugiiの蛹が金色でした。Dircenna dero euchytmaの蛹も同じかもしれません。
 
 

 
ベニボシシジミタテハ属、ラテン名: Melanis pixe sanguinea 英名: Pixie
 
以前に息子が撮影した画像を紹介しました。私が蝶探しに行く保護区では常連です。蛾のように見えるかもしれません。裏翅も全く同じ模様です。
 
全てリコーCX5で撮影
 
前回の記事にて、160を超えるナイス!をありがとうございました。よほど嬉しかったのか、息子の撮影意欲が増しています。しかも、望遠のきくコンデジが欲しいとか・・・・。(^▽^;)

関連記事
    
2016/03/03

キバラカラカラ&オオハチクイモドキ 遂に息子が野鳥を撮影しました!


 
先ずは私が撮影したキバラカラカラです。聞き慣れない名前だと思いますが、ハヤブサ科の猛禽です。開けた場所を好み、コスタリカでの初記録は1973年でした。

隣国パナマとの「緑の壁」が消失しなければ、コスタリカまで生息範囲を拡大しなかったでしょう。
 
ボート・ツアー中に撮影しました。他のボートのガイドが水辺に餌を蒔いたようで、それにつられて地面に降りて来たみたいです。何を与えていたのかまでは、分かりませんでした。

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影
 

 

 
通常こんな「骨董品」では、野鳥の撮影はできません。
 
六歳の息子(もうすぐ七歳)が、遂に野鳥を撮影しました!息子のコンデジは既に生産が終了している古い機種で、ズームは光学四倍です(私のキャノン・パワーショットSX60HSは光学65倍)。
 
この倍率で野鳥を撮るためには、目の前に近づく必要があります。オオハチクイモドキは警戒心もそこそこ強いだけに、どんな「忍術」を使って、接近したのでしょうか?しかも、薄暗いジャングル内で自分で見つけて、一人で撮影しています。
 
私のカメラを使わせたら、どんな写真を撮るのでしょうね。強力なライバル出現かも?撮影後に、「ブログに載せてね」と頼まれました。お世辞でもナイス!押していただけると、息子が喜ぶと思います。
 
ソニーDSC-W1で撮影 


関連記事
    
2016/03/02

この花の名前、知りませんか?←問題解決!



タイトル通りです。この花の名前が、以前から気になっています。科も分かりません。どなたか、ご存知ありませんか?三、四メートルくらいの低木です。

リコーCX5で撮影

追記: ノボタン科、ラテン名: Blakea anomalaだと分かりました。レッドイヤーさん、ありがとうございます!過去に同属を掲載していたことを思い出し、こちらもBlakea tuberculateだと同定できました。

 


タヌキモ科、Utricularia属
 
新たに見つけた、タヌキモの仲間です。倒木に蘭の如く着生していました。タヌキモの仲間は開花時期が雨季らしく、乾季である現在は観察していません。
 

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影
 


イワタバコ科、ラテン名: Kohleria tigridia
 
蘭探しで頻繁に訪問する国立公園で、撮影しました。花が大きいので、よく目立ちます。高地ではイワタバコの仲間が豊富で、色合いも様々です。

リコーCX5で撮影
 


マメ科、ラテン名: Centrosema plumier
 
ツアー中に川辺近くで見つけました。科さえも分からなかったのですが、メキシコ在住の胡蝶の夢さんのブログで偶然にも紹介されていました。おかげで学名まで分かり、気分がスッキリしました。胡蝶の夢さん、ありがとうございます!
 
リコーCX5で撮影
 


フウチョウソウ科、Podandrogyne属
 
漢字表記だと風鳥草?それとも風蝶草?赤い蝶が吸蜜しているように見えるので、後者かもしれません。
 
キャノン・パワーショットSX50HSで撮影 
 
野花の投稿が続きました。興味のない方には、すみません。m(_ _)m息子が初めて○○を撮影したので、明日はその画像を紹介したいと思います。このブログに掲載するために撮ったそうなので、見て下さいね~。

関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/