2016/02/23

新しいカメラで、蘭のマクロ撮影をしてみました!

キャノン・パワーショットSX60HSを購入する際、最も気になっていたのがマクロ機能でした。極小類の蘭を撮影するには、マクロ撮影が必須です。
 
前モデルは野鳥撮影には不向きでしたが、蘭の撮影には大いに力を発揮してくれました。通常、極小類はリコーCX5で手持ち撮影していますが、発色はパワーショットに軍配が上がります(ただし、三脚が必要)。
 
前モデルと比べ、マクロは性能が上がった感じです。プログレッシブファインズームも画質が向上したようで、光学65倍X2(2,700ミリ)まで使用しても、画像にそれほど違和感がありませんでした。

蘭撮影においては、合格点をあげたいと思います。注: プログレッシブファインズーム=画像の粗さが目立たないデジタルズーム
 


ラテン名: Sigmatostalix integrilabris(固有種)?
 


こんな感じで、咲いていました。
 


怪しい軟体動物が、群れているようにも見える?
 
Sigmatostalix macrobulbonかもしれません。倒木に着生していました。この他にも無数の着生蘭を確認しました。その多くが極小類で、木の下敷きになっていました。(T△T)花の大きさは五ミリほどあります。
 


ラテン名: Lepanthes subdimidiata(固有種)
 


こんな感じで、咲いていました。
 
常にジメ~っとした場所なので、蚊がウジャウジャいました。直ぐに満足のいく画像が撮れたので、早々に退散しました。花の大きさは五ミリほどあります。

blog_import_5a124f1b48ca8_20190327123558269.jpeg

ラテン名: Scaphyglottis densa?



こんな感じで、咲いていました。
 
Scaphyglottis jimeneziiかもしれません。よく見かける普通種ですが、ネット上に存在する画像が皆無に等しく、比較できません。リコーCX5では独特の色合いを、表現できていませんでした。
 


ラテン名: Ornithidium fulgens
 


こんな感じで、咲いていました。
 
小型のチューリップのような花をたくさん付けます。この状態で完全開花で、花びらは大きく開きません。花の大きさは六ミリほどあります。

この蘭だけはマクロではなく、超望遠(プログレッシブファインズーム)で撮影しています。画質も特に問題なく、発色もいい感じだと思いました。画像を差し替えました。
 
全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
 
蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。

EPIDENDRA-Global Orchid Taxonomic Network
Internet Orchid Species Photo Encyclopedia

関連記事
    
2016/02/20

しばらく撮影していません!

一時期、息子と夢中になって撮影した(←完全に過去形)カメノコハムシの仲間です。蘭探しに夢中のせいか、最近は存在に気が付きません。
 

 
ラテン名: Charidotella circumnotata?
 

 
ラテン名: Acromis sparsa
 

 
 ラテン名: Ischnocodia annulus
 
全てリコーCX5で撮影
 
皆さん、良い週末を!\(^▽^)/

関連記事
    
2016/02/19

アカハラサギ お客さんがいない時に限って、珍鳥が出ます!


 

 
年に数回しか見ることがない珍鳥です。個体数が少ないだけでなく、森林性が強いのも一因です。水色をした飾り羽は、光が当たるとターコイズブルーに輝いて見えます。
 
ツアーの昼休み中、一人で歩いていた時のことでした。翌朝、同じ場所にお客さん達を連れて行きましたが、姿はありませんでした。以前も書いたと思いますが、一人でいる時に限って、こういった出会いがあります。
 
キャノン・パワーショットSX60HSで撮影 
 
いつも沢山のコメント&ナイス!ありがとうございます。前回に掲載した記事では、過去最多のコメント&ナイス!をいただきました。ナイス!が150を超えたのも、初めてのことです。

ファン登録も知らぬ間に、600人を超えていました。今後とも応援のほど、宜しくお願いします。☆⌒(*^-゚)v Thanks!!

関連記事
    
2016/02/09

憧れの蘭に囲まれて、目頭が熱くなりました!



ラテン名: Phragmipedium longifolium
 


こんな感じで、咲いていました。
 


図鑑の記述通り、水辺近くの岩場に咲いていました。
 


画像では分からないと思いますが、左側の岩場に大きな群生がありました。 
 
この蘭を見ることは簡単です。大きな植物園や蘭園に行けば、栽培されている人気種だからです。しかし、自然界で見ることは、非常に困難とされています。
 
日本のクマガイソウやアツモリソウと同じで、乱獲されてしまったからです。大型で個性的な花を付けるので、コスタリカでは盗掘対象の筆頭格です。

以前から、どうしても自生している姿が見たいと思い、ネットで色々と調べていました。そして、とある国立公園で記録があると分かり、何度か足を運びました。
 
しかし、それらしき株も見つけられませんでした。三年前を最後に、観光客による撮影記録も途絶えているので、根絶やしにされてしまったのかもしれません。

その後もPhragmipedium longifoliumが好む環境を探しましたが、駄目でした。盗掘に屈してしまうのかと思うと、悔しくて仕方ありませんでした。

そんな背景があったので、出会いの瞬間は感動そのものでした。体が震え、目頭が熱くなりました。私の周りには、少なくとも百株もの群生が存在していたからです!L(゚□゚)」オーマイガ!

過去に何度も植物園や蘭園で見ていましたが、自生地で見る姿は、比較にならないほど美しく思えました。乱獲される前は、このような光景が普通だったのかと思うと、残念な気持ちにもなりました。

この群生は無名の私有保護区に存在します。観光客どころか、地元民も滅多に来ないであろう僻地にあります。過去にも似たような経験があるのですが、希少種は人の出入りがない場所でないと、見つけられないように思います。
 


ラテン名: Stelis dressleri
 


こんな感じで、咲いていました。
 
レパンセス属の一部の種と同じで、かならず葉裏に花を付けます。ですから、葉形を認識していないと、見つけることができません。花の大きさは五ミリほどあります。  
 


ラテン名: Camaridium costaricense
 


こんな感じで、咲いていました。
 
国内で最も降水量の多いエリアでの撮影でしたが、この日は快晴でした。強い日差しのせいで、なかなか自然な色合いが出せませんでした。結局、自分の影で花を覆って、なんとか撮影しました。
 
倒木に着生していると撮影は楽ですが、蘭には気の毒だと思います。鳥や蝶と違って、自分の意志で好きな場所に移動できませんから・・・・。直射日光を浴びて、株が完全に乾燥していました。
 


ラテン名: Oncidium luteum
 


こんな感じで、咲いていました。
 
こちらも倒木に着生していました。高い場所に咲いているばかりで、上手く撮影できていませんでした。シンプルなデザインの、オンシジュームです。
 
最初の二枚のみキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
残りは全てリコーCX5で撮影
 
蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。

EPIDENDRA-Global Orchid Taxonomic Network
Internet Orchid Species Photo Encyclopedia

関連記事
    
2016/02/06

ミドリトゲオハチドリ、サザナミフウキンチョウ&クリボウシヤブシトド 試し撮りしてみたけど・・・・

購入したばかりのキャノン・パワーショットSX60HSでの撮影です。



SS:1/400 ISO:200 F6.3(←絞り開放にし忘れました)

ミドリトゲオハチドリです。もうちょっと横を向いてくれたらな~。連写機能(約6.4枚/秒)を使えば、ホバリングが撮れるかもしれません。ただ、技術と忍耐がないので、あくまで妄想レベルですけど・・・・。



SS:1/80 ISO:800 F5.6

サザナミフウキンチョウは食事中で、絶えず動いていました。連写で撮ってみましたが、予想外にピンぼけばかりでした。優秀だった手ブレ補正が弱体化した?むしろ単発で撮る方が、ブレがないような・・・・。



SS:1/40 ISO:800 F5.6

クリボウシヤブシトドは薄暗い林床で、絶えず落ち葉をひっくり返していました。やはり連写だとブレばかり、掲載できそうなのは一枚だけでした。

SX50HSでは感度1,600までが限界という感じで、それ以上はノイズが酷すぎました。SX60HSも同じ印象で、やはり薄暗い場所での撮影は駄目っぽいです。所詮、コンデジですからね。

期待した連写機能で上手く撮れていません(単純に私が下手なだけ?)。前モデルを購入した当初、野鳥撮影に全く使えないカメラという印象でした。しかし、最終的にはそこそこ撮れるようになりました。まだ時間を掛けて撮影していませんし、慣れの問題かもしれません。

現時点での印象: 視認性が良くなった。明るい場所なら、そこそこ綺麗に撮れる。連写機能は数撃ちゃ当たる・・・・とは限らない?手ブレ補正って、こんな程度だったっけ?ボタンの配置が、何故こうなった?

次回は感動の嵐に包まれた、体験記事をアップする予定です。かならず見て下さいね~。皆さん、良い週末を!\(^▽^)/

関連記事
    
2016/02/05

キャノン・パワーショットSX50HSが天国へ召されました・・・・。でも、新しいカメラが キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!


 
わずか二年で、キャノン・パワーショットSX50HSとお別れとなりました。三脚に固定してあったのを、椅子から立ち上がる際に倒してしまいました。

コスタリカでは修理できそうもないので、これを機会に後継機であるSX60HSを購入しました。昨年の九月に光学100倍のSX70HS(?)が発表されると噂されたので、躊躇しましたが・・・・。
 
私「あ~、壊れちゃった。国内では修理できないだろうし、どうしよう・・・・。新しく後継機を買うにしたって、関税高いからな~。買ってもいい?」

妻「買えばいいじゃない。きっと、なるべくしてなったこと。神様のお導きだから。それに、後継機種が欲しいという潜在意識があったから、倒したんじゃないの?

それは絶対にあり得ないと思いましたが・・・・。(^▽^;)
 
今までの1,200ミリ(光学50倍)から、1,350ミリ(光学65倍)になったわけですが、体感できるほどの差はありません。ただ、大きな違いが二つあります。
 
まずビューファインダーの視認性が、格段に良くなりました。SX50HSでは忙しく動く野鳥は、絶対に撮れないと思いましたが、これなら対応できるかもしれません。次に連写機能が「まともになりました」。SX50HSでは「これで連写なの?」というくらい遅かったです。
 
これを機会に、再び野鳥撮影を頑張ってみようかなと思いますが、どうなるでしょう。野鳥ガイドを始めて、13年目となりました。見慣れた鳥を撮っても、「萌え」ないんですよね~。(^○^)

SX50HSは遠距離でもマクロでも、力を発揮した名機でした。ボタン配置などが変わって、若干使い難くなりましたが、これは慣れでしょうね。そのうち、次期機種の発表があって、この購入を後悔しちゃうんだろうな~。 

関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/