2015/08/05

たまには蘭以外の花もどうぞ!

野生蘭を探している際に、見つけた花を紹介します。全て標高千メートル以上で撮影しました。
 

 
マメ科、Erythrina属
 
Erythrina rubrinerviaかもしれません。蘭探しで頻繁に訪問する国立公園で見かけます。花の大きさは十数センチあるので、よく目立ちます。ハチドリが吸蜜に飛来します。
 
キャノン・パワーショットSX50HSで撮影
 

 
イワタバコ科、ラテン名: Drymonia lanceolata
 
同じくハチドリが吸蜜しているのを確認しています。シャッターチャンスは数秒なので、私にはその瞬間が撮れませんけど・・・・。
 
キャノン・パワーショットSX50HSで撮影
 

 

 
頻繁に見かける花なのですが、科さえ分かりませんでした。ご存知の方がいましたら、教えて下さいね~。斜め上からだと、ぶどう味のロリポップ・キャンディーを想像してしまいます。
 
追記: シソ科のウツボグサではないか、と教えていただきました。帰化種なのか、類似種なのかは分かりませんが、科が分かってスッキリしました。ありがとうございました。
 
横アングルの画像も追加しました。こんなに魅力的な花だったとは・・・・。
 
リコーCX5で撮影 
 

 


ノーゼンハレン科、Tropaeolum属
 
標高三千メートル近くで撮影しました。撮影のアングル次第で、印象が変わる花だと思いました。何故だか分かりませんが、食虫植物的な印象を受けました。
 
リコーCX5で撮影 
 

 
シュウカイドウ科、Begonia属
 
最後は皆さんにもお馴染みであろうベゴニアです。標高千メートルくらいでの撮影ですが、標高五百メートルくらいに位置する熱帯雨林でも(別種?)見たことがあります。
 
キャノン・パワーショットSX50HSで撮影
 
蘭以外は関心度が低いのですが、たまには他の花も 紹介したいと思います。ただ撮影していて、何か物足りなさを感じます。蘭には他の花にはない、独特の魅力があるんですよね~。

関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/