2013/04/18

ホノオフウキンチョウ 探すべきか、待つべきか (-_-;ウーン



英名:Flame-colored Tanager

和名が英名の直訳で、覚えやすくていいですね。

ツアーで使用しているロッジで、二年ほど前からバナナの餌台を置くようになりました。元々、庭先でも容易に観察できる鳥だったのですが、餌台のおかげで更に簡単になりました。

一生懸命に探して、目当ての鳥に出会えた時の感動は、代え難いものだと思います。しかし、相手は生き物です。徒労に終わることもありますよね。もし餌台に来ると分かっていたら、皆さんはどうしますか?迷わず餌台の前で待ちますか?


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/