2013/04/12

Centropogon ハチドリが好きな花



Campanulacea(キキョウ)科の花だそうで、コスタリカには十六種が確認されています。図鑑にハチドリが主に受粉の役割を担うと書かれていますが、何度か蜜を吸っているシーンを目撃しています。

亜高山帯、高山帯に自生していて、色合いも形も魅力的だと思います。ハチドリの鼻孔に入り込むダニ、通称「ハミングバード・マイト」は、Centropogonによくいるそうです。コバンザメのように、ハチドリを利用することで、他の場所へ移動します。面白いですね。(^○^)


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/