2013/03/18

アカエリクマタカ 超ヵッコ(*゚▽゚)ィィ!



昨日は家族で国立公園に行って来ました。妻と息子は入り口周辺でホエサルやミツユビナマケモノなどを観察。私はその隙間に鳥や虫を探しに、鬱蒼としたジャングルに入って行きました。

ハイライトは勿論、画像のアカエリクマタカなのですが、撮影には苦労しました。五十メートルくらいある木の天辺にとまっていたのですが、とにかく撮影できそうな場所がありません。画像では開けた感じに見えますが、私の周囲は緑の壁に囲まれていたからです。

散策路は狭く、唯一まともに姿が見えるのは、木のほとんど真下のみでした。しかし、そんな角度では樹冠部にいる鳥をまともに撮れません。仕方がないので、散策路から道なきエリアに入り込みました。

傾斜が厳しく、粘土質で歩くにも一苦労。毒蛇の心配もしなければいけません(過去に、園内で踏みそうになったことがある)。


辺りを歩きましたが、とにかく茂みが深く、とまっている個所が見えません。ようやく葉と葉の間にできた二十センチほどの小窓から姿が見えた時は、宝物でも発見した気分でした。

なんとか最大ズームして撮れたのですが、手前の枝にピントをとられたりして、悪戦苦闘でした。MFの仕方くらい知っておかないと駄目ですね。σ(^_^;)

散策路に戻ると、靴もジーンズも泥だらけ!熱帯雨林(特に、この国立公園)での野鳥撮影って、ホント大変です・・・・。

過去にアップしたアカエリクマタカの若鳥


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/