2012/10/26

ハロウィンは、このハムシで決まり!(*^-゚)vィェィ♪



絶えず動いていたので、ピントが上手く合いませんでした。どう見ても背中の模様は、ハロウィンのジャック・オー・ランタンの顔!これで色がオレンジだったら、完璧だったんですが・・・・。

時期的にピッタリのハムシでした。(^○^)

仕事でエクアドルに行って来ます。宿泊先にWIFIエリアもあるのですが、海外にパソコンは持って行きたくないので・・・・。しばらく更新できませんが、コメント残しておいて下さいね!

カメラのバッテリーの問題は解決したのですが、今度は7D本体の調子が・・・・(電源が入ったり、入らなかったり)。デジスコのアダプターも壊れたまま・・・・。

「野鳥の撮影はもうするな!」ということでしょうか、神様~(;´Д`) うぅっ。。。野鳥は難しいかと思いますが、何か撮影して来ますね~。お土産に乞うご期待!


関連記事
    
2012/10/25

アメリカトキコウ この顔こわいよ~ ( ;´Д`)いやぁぁぁー!



トキコウはコウノトリの仲間です。コンドルのように地肌が剥き出しで、原始時代の怪鳥みたいな顔つきをしています。

「コウノトリが赤ちゃんを運んで来る」と子供に説明したりしまよね。でも、こんな風貌だったら、赤ちゃんが泣き続けちゃうでしょうね。


関連記事
    
2012/10/24

ヨコバイ?ハムシ?どっちを撮ったらいいの?



皆さんは、こんな場面に遭遇したことありますか?両方とも初見の被写体が目の前にいます。どっちを優先して撮ったらいいの?アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

原色好きの私ですから、普段なら躊躇することなくヨコバイを狙います。ところが・・・・「いや、待てよ。ヨコバイは既に二十種以上も撮影しているし、ここはハムシにするべきか・・・・」

「いや、待てよ。派手な方がブログ受けがいいよな~。やっぱり、ヨコバイにするか・・・・」「いや、待てよ。やっぱり、両方とも撮っておきたいよな。いつブログのネタ切れるか分からないし・・・・」

「よし!とりあえず両方同時に撮って、それから一種ずつ撮ろう!」ようやく決断し、シャッターを押したら、両方とも飛んでしまいました・・・・。<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!

教訓: 被写体を見つけたら、迷わずシャッターを押す。


関連記事
    
2012/10/23

チャバネフウキンチョウ こんなに綺麗だったの (゚ロ゚;)!?



今日は思い出深い一枚を紹介します。去年の春に撮影したものですが、とにかく撮影が大変でした。地上から数十メートルの高さにあるキャノピー・ブリッジ(樹冠部を見渡せる橋)で、お客さんと探鳥していました。

小雨が降った後、一羽の小鳥が正面の巨木に飛来しました。生息エリアが狭く、なかなか見られないチャバネフウキンチョウでした。滅多にないチャンスなので、撮影させてもらうことに。

しかし、雨上がりでシャッター・スピードは思うように上がりません。おまけに、距離も遠く、橋は絶えず振動しています。そんな状況下でのデジスコ撮影です。予想通りピンぼけになってしまいました(シャッター・スピードが1/6では当たり前・・・・)。

雨上がりのせいか、羽繕いをし始めたので、スコープでも観察できました(普段は、スコープに入れられるような鳥ではない)。そして、その美しさに驚きました。樹冠部を好み、混群で移動していることが圧倒的に多いので、それまでジックリ観察したことがありませんでした。

中南米のバードウェーブは、規模が凄いのです。多い時には30~40種が一度に押し寄せてきます。そんな時に、ジックリ一種を楽しんでいる余裕はありません。元々、個体数が少ない種でもあり、この日のような幸運は、その後ありません。

先日も首が痛くなるほど上を見上げ、「あっ!チャバネフウキンチョウですよ!うわ、はやッ!行っちゃいました~」

探鳥って、大変です・・・・。σ(^_^;)


関連記事
    
2012/10/20

「小さな巨虫」 背中に背景が映っちゃったよ (゚ロ゚;)エェッ!?



わずか五ミリほどのハムシですが、背中には青空、大きな木が映り込んでいます(分かりにくいと思いますが、その下には私の手やカメラも見えています)。

巨木を小さな背中に「乗せて」、すごいな、君は。

さんざん葉の上を歩き回って、飛び去ってしまいました。おかげで、ピントを合わせる余裕もなく・・・・。σ(^_^;)

今月末に入手予定のリコーCX5(最新モデルはCX6)で再挑戦してみたいと思います。接写一センチ、ズームマクロ機能が楽しみです。


関連記事
    
2012/10/19

ツマアカシロオビタテハ 家のランタナに来る蝶 





シロオビタテハ属、ラテン名: Siproeta epaphus epaphus 英名: Rusty-tipped Page

注: 上下の画像は、別々の個体です。

以前、ランタナは庭に植えてありました。しかし、ハチドリのために植えたホタカソウが大きくなり過ぎで、外にある花壇に移しました。

コミュニティー内の各家の前には花壇のスペースがあり、各自好きな花や木を植えています。現在、ブーゲンビリア、クロトン、ホタカソウ、ランタナを植えてあるのですが、ブーゲンビリアの育ちが異常にはやく、今では立派な「木」になってしまいました。

蔓がどんどん長くなっていくので、年に数回は剪定しています。鉈で葉が残らなくなるまで、バッサリです(それでも一ヶ月もすれば、ほぼ元に戻る)。L(・o・)」 オーマイガ

二ヶ月くらい前の話ですが、いつものように息子と剪定しました。雲一つない青空で、隣に植えてあるランタナには複数の蝶が舞っていました(よくある光景)。

しかし、この日は少し様相が違いました。どんどん新しい種類の蝶が来るのです!そこで何種来るのか数え始めました。剪定の終わる一時間後には、二十種類にも達していました。

ランタナを植えてあるエリアは、わずか一平方メートルほどです。この日、何故これだけの蝶が飛来したのか分かりませんが、息子と共にバタフライウォッチングを楽しむことができました。

画像のツマアカシロオビタテハは、前翅長五センチあり、家の「常連客」としては大型の部類に入ります。


関連記事
    
2012/10/18

メキシコシロガシラインコ デジスコの限界距離?



数年前に撮影した写真ですが、デジスコでも限界の距離でした。百五十メートルくらい離れていたかと思います。トリミングしても、こんな小さくしか写っていません。

濃紺部が真っ黒に写ってしまうことがありますが、この時は自然な色合いが出たようです。距離を考えると、これ以上は望めないですね。

昨夜からブログのレイアウトのバランスが変っているのですが、私のパソコンだけでしょうか。左に設置したメニューやカレンダーが妙に横長になって、見た目が悪くなりました。

これまでにも何度も変更がありましたが、今回も改悪ですね。せめて、前のセッティングをオプションとして残して欲しいです。ヽ( )`ε´( )ノ ブーブー!!


関連記事
    
2012/10/17

ゴージャスな模様のヨコバイ (⌒ノ0⌒)オーホッホ



ラテン名: Dilobopterus instratus

模様も色も綺麗なヨコバイでした。ヨコバイとしてはかなりの大型で、一センチ半近くあったと思います。

カメムシを撮影しようとしたら、近くにこのヨコバイを見つけました。こっちの方がカラフルだったので、優先して撮影しました。

後に、同じカメムシを自宅でも発見。ヨコバイを撮影しておいて、良かったです。


関連記事
    
2012/10/11

また透けちゃってますよ!! |)゚0゚(| ホェー!! 



ベニスカシジャノメ属、ラテン名: Cithaerias pireta pireta 
英名: Rusted Clearwing-Satyr

先週アップしたカメノコハムシに続いて、今回も透けてます。

薄暗い林床でよく見かけますが、ストロボなしでの撮影は困難を極めます。被写体へのストレスは最小限にしたいですから、まず設定をフラッシュ禁止にします(不便なカメラで、電源切ると初期設定に戻ってしまう)。

予想はしていましたが、手持ちではピンボケ写真ばかり(三脚、シャッターリモコン必須ですね)。ISO感度を最高にしてなんとか撮れましたが、やはりノイズが出てしまいました。ジャノメの色も綺麗な青なんですが、真っ黒に写ってます・・・・。(^▽^;)

追記:ラテン名がCithaerias menanderから変更になったようです。

以前アップしたキイロスカシジャノメ

昨夜アップしたクビワアメリカムシクイの記事ですが、ヒロハシサギに続いて、鳥カテゴリの一位に選ばれていました(同着一位でしたが・・・・)。ありがとうございました。
m(。・_・。)m

アクセス数は百にも満たないので、やはり皆様からのコメントやナイス!が選ばれる決め手なのかな?


関連記事
    
2012/10/10

クビワアメリカムシクイ 見ぃ~つけた!(^○^)



標高二千メートルを超えるような場所でも、日中はそれなりに暑くなります。同時に鳥影も少なくなりますが、その時間帯どこに隠れているのでしょう。

このつがいはFuchsai paniculata(アカバネ科、ホクシャの一種)の低木の中で休憩していました。

クビワアメリカムシクイは好奇心が強いので、足元まで近寄って来ることもあります。この時は暑かったせいか、全く無視されました・・・・。σ(^_^;)


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/