2012/06/25

スパーレルアカメアマガエル (Agalychnis spurrelli)



コスタリカではパナマ国境エリアにしか生息していないようです。英名はGliding Leaf Frogで、パラシュートのように滑走ジャンプするらしいのですが、そのシーンを目撃したことはありません。背中に白い突起物(イボ)があります。

久しぶりに里帰りすることになりました。息子も三歳になり、いよいよ父、妹、親族にお披露目です。日本語がほとんど話せないのですが・・・・。(-。-;)

次回更新は来月中旬くらいになると思います。


関連記事
    
2012/06/16

アメリカヘビウの愛 チュ━━━(*´з)(ε`*)━━━!!!



原色系が好きなので、あまり撮影意欲がわかないタイプのアメリカへビウ。m(_ _;)m ゴメン!!しかし、この時は流石にシャッターを押さずにはいられませんでした。こうして見ると、背中の模様とか綺麗ですね。


関連記事
    
2012/06/15

ケツァール(カザリキヌバネドリ)





今年もツアーの訪問先でケツァールの営巣を三ヶ所確認しました(例年使用している巣は他にもあるのですが、全部はツアー中に確認しきれません)。

毎年のことですが、今年もマナーに問題がある観光客を見かけました。


少しでも近くで撮影したい故に、有刺鉄線を越え私有地に入るカメラマン。枝被りを避けるため、近くの枝を折るカメラマン。営巣中で神経過敏なのに、何度もフラッシュ撮影するカメラマン。う~ん、全部撮影人なのだ~。

一昨年辺りから山奥から下に降りて来るケツァールの個体が減少しているように思うのですが、関連性があるのでしょうか・・・・?


関連記事
    
2012/06/04

クリガシラオオツリスドリ(のコロニー)



長年オオツリスドリのコロニーとして使われていた木。いつの間にか、小型のクリガシラオオツリスドリ達に木を奪われ、巣作りが進んでしました。

不思議なことに新たなコロニー完成後、クリガシラオオツリスドリは姿を消してしまいました。一体、何が起きたのでしょう?「(゚ペ)ありゃ?


関連記事
    
2012/06/02

アメリカンクロコダイル ギャアァァァ━━(゚Д゚ll)━━━ !!!!!!



雨が降る中、ボートに迫って来たアメリカンクロコダイルです。この後、予期せぬ惨劇が・・・・って、それはないか(笑)?

この川には地元民がマイク・タイソンと名づけた主(約六メートル)がいたのですが、最近死んでしまったそうです。( ̄□ ̄;)!!私も何度か見たことがありますが、ホラー映画に出てくる個体を彷彿させる大きさでした。


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/