2012/01/19

ヨコジマオニキバシリ



熱帯雨林を歩いていると、軍隊アリの集団に遭遇することがあります。規模にもよりますが、大集団だとバーダーには嬉しい出会いが期待できるんです。

アリ目当てに鳥たちが近寄って来ることがあるからです(アリドリが代表格で、オニキバシリ、ハチクイモドキ、アメリカムシクイなど)。鳥たちはアリ自体は食べません。アリの行進に驚いて飛ぶ(跳ぶ)虫たちを捕食します。

運が良ければ、十種くらいの鳥たちがやって来ることもあります。もっとも、鳥たちが来るまで待つ根気が必要になります。

このヨコジマオニキバシリは複数が飛来して、食事や喧嘩に忙しそうでした。距離が近過ぎてデジスコではギリギリ、ピントもいまいち・・・・。σ(^_^;)


関連記事
    
2012/01/18

アオミツドリ



昔の写真が結構あるので、しばらく在庫整理してみたいと思います。

コスタリカにはhoneycreeperと呼ばれる鳥が、三種います。アオミツドリの観察&撮影機会が一番少ないかと思います。


関連記事
    
2012/01/03

ミナミアサギアメリカムシクイ



明けましておめでとうございます。不定期更新ですが、今年も宜しくお願いします。

コスタリカは先月から乾季に入りました。日本はしばらく寒い時期が続きますね。「春を早く来~い」と願って、この一枚をアップします。

手前の花にピント持っていかれちゃってますが・・・・。(^▽^;)


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/