2011/05/30

アカマユカラシモズ



お隣さんの大きな裏庭には木がたくさん植えてあって、たまに姿を見ることができるアカマユカラシモズです。

コスタリカでは高山やマングローブ林などでも出会いがあります。しかし、茂みに隠れていることが多くて、なかなか姿が見つけられません。枝被りも多くて、今まで満足に撮影できていませんでした。

先日、ようやくバルコニーから(枝被りなしで)撮影できました。どうやら、家に植えてあるヤシの種を食べに来ているようで、つがいで何度も姿を見せてくれました。(o^∇^o)ノ


関連記事
    
2011/05/25

クリボウシアメリカムシクイ



久しぶりに、二歳になる息子と二階のバルコニーから探鳥&撮影しました。一応、双眼鏡を持って、鳥を観察している「ふり」はしていました。

「あそこに鳥いるよ~」と言うと、かならず「I see it! I see it!」なんて言ってましたが、双眼鏡のピントさえ合っていないような・・・・(;^_^A

このクリボウシアメリカムシクイですが、今までは動きがすばやくて、撮影ほぼ不可能でした。一眼なら追尾も可能で、何ショットも撮影できました。一眼って、凄いや~(^▽^)/

この一枚は突然目の前にとまり、ピント合わせの余裕さえもなし。おまけに息子が邪魔するし・・・・。「こら!ダディの体をゆするな~」スタビライザーがなければ、ブレてました。

ちなみに、鳥さんがとまっているのは、我が家の有刺鉄線(錆びてる・・・・)。高い塀に囲まれ、その上には有刺鉄線があり、さながら監獄のようなのです。こそ泥対策として、コスタリカではごく当たり前なんですが、やはり見た目は尋常ではありません(;^_^A


関連記事
    
2011/05/18

クロズキンムクドリモドキ



背景にドラセナがあったので、その色がスパイスになったかな?黒顔の鳥さんは、目がハッキリ写らない時が多いので、撮影してもガッカリが多いですね。


関連記事
    
2011/05/16

Artocarpus altilis(パンの木)(゚_。)?



コスタリカのロッジや植物園などで見かけるパンの木の実です。原産地は不明とか(ポリネシア、マレー半島などと書かれているHPもある)。

クワ科パンノキ属で、蒸したり焼いたりして食べるそうです。焼くと匂いや食感がパンにそっくりだとか。でも、スーパーや土曜市場で見かけたことがないので、コスタリカ人は好んで食べないのかももしれません。


ちなみに、コスタリカはライス&ビーンズ(ご飯と豆)が主食の国です。そのくせ、中華料理屋では最初にかならずパンが出てくる不思議な国・・・・。

ちなみに、スペイン語でもパンはパンなんですよ~。(^^)


関連記事
    
2011/05/07

ハシナガタイランチョウ



家族旅行で撮影した鳥さんの続きです。目つきが悪いので、ツアー中でも「意地悪君」と勝手に呼んでいます。見方によっては、可愛らしく見えるかも・・・・?


関連記事
    
2011/05/04

ノドジロツグミ



家族旅行中に撮影した写真の続きです。

派手さはありませんが、ボーカリストとしては優秀なノドジロツグミです。この時も色々なメロディを奏でていました。

かなり暗い場所で、手持ちの500mm(やはり重い・・・・)ではピンぼけ連発でした。

(-。-;)


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/