2011/04/26

オウゴンサファイヤハチドリ



顔が隠れてしまい野鳥写真としてはボツなのですが、特徴である黄金の尾が見えます。光の加減で金色が黒く見えることが多いので、チョッピリ嬉しかったです。

三日連続更新したぞ~。(^▽^)/


関連記事
    
2011/04/25

ミドリユミハチドリ



旅行中に撮影したミドリユミハチドリです。いきなり目の前に飛んで来て、500mレンズでは大き過ぎる被写体でした。なんとかフレームに収まったのですが、シャッター・スピードなど変更する余裕さえありませんでした。

素人でもハチドリのホバリング・シーン撮れるんですから、一眼レフって凄いですね。


関連記事
    
2011/04/24

コスタリカの人気ロッジで家族サービス?



有名なアレナル火山




ロッジ敷地内にある滝




夕暮れ時のアレナル湖


息子が産まれて以来、二度目の家族旅行に行って来ました。「あなたはいつも色々な場所に行ってるのに、私はサンホセから出たこともない!!」と妻がご立腹。(≧ヘ≦)


ちょうど妻が春休みに入っていたので、家族サービスすることに。「色々な場所行っているって言うけど、仕事なんですけど・・・・」

宿泊先は温泉リゾートが近郊にある、アレナルのロッジです。活火山が目の前にあるため、一年中お客さんで一杯です。


前回のように溶岩は見れませんでしたが、妻と息子はプールで遊んだり、ハイキングを楽しんだようです。私はいただいた一眼レフを手に、一人で野鳥観察&撮影を楽しみました(息子と共に行動すると、鳥を追っ掛けるので・・・・)。

ちなみに、二歳になった息子は双眼鏡を持ちたがるようになりました。バーダーになるのはほぼ当確。やはり将来は野鳥ガイドになる?


関連記事
    
2011/04/20

ベニヘラサギ



テキサスで撮ったのは、昨日のボケボケのゴシキノジコとベニヘラサギのみでした。野鳥保護区に浮き島があって、たくさんのベニヘラサギ、サンショクサギ、ユキコサギなどが営巣してました。

距離が近過ぎて、デジスコだと構図も考えられません・・・・。

いつかプライベートで行って、しっかりアメリカムシクイやシギチを一眼で撮ってみたいな~。


関連記事
    
2011/04/19

ゴシキノジコ



テキサス・ツアーから戻りました。

団体ツアーだったので、お土産となる写真は・・・・ありません。このゴシキノジコも構図も酷いし、ピントもブレ、ブレ(こりゃ~、酷い一枚だわ)。証拠写真ということで・・・・。(;´▽`A``

この鳥と全身青いルリノジコが一緒に水浴びしているシーンは、しっかり撮りたかったな~。


関連記事
    
2011/04/09

ミミジロシトド(シロミミウタシトド)



いただいた一眼(キャノン7D)ほとんど使用していません。まだ使い方もろくに理解していないし・・・・。

お隣さんの裏庭の塀にいたミミジロシトドを撮影してみました。デジスコと違って、直ぐに撮影できるのは魅力的なんですが、画質は思ったほどでもないような・・・・。やはりズームレンズでは、こんなものなのかな~。純正のレンズはとても手が出るほどの値段じゃないし・・・・。

また、大きな地震(余震)が東北であったそうで・・・・。どうなっているのだろう。

週末から古巣のテキサスでお仕事です。


関連記事
    
2011/04/08

Agalychnis calcarifer (Splendid Leaf Frog)



大地震により、災害の影響を受けた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

ツアーを終えた一日。夕食前や夕食後などに、カエルを探す時もあります。でも、夜は毒蛇が怖いので、足元には注意が必要です。

このアマガエル、和名が分かりませんでした。


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/