2010/11/04

ヤマガモ



エクアドルからのお土産をもう一枚アップします。この鳥を撮りたいお客さんがいて、二人で必死に追い掛けました。ダッシュ!-=≡ヘ(* - -)ノ

最初見つけた場所は二百メートルくらい離れていて、おまけに橋の上で上手く撮影できません。そのうち、更に遠方へ泳ぎ始めました。

撮影機材を抱えて、かなりの距離を足早に移動。向こうもスイスイ移動。撮影が終わる頃には「ヒー、ヒー」言ってました。なにせ、標高三千メートル近くあるので、空気が薄いんですよ。


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/