2010/03/20

ケアシスズメバト



あれ?しばらく更新をさぼっていたら、いつの間にか画像アップの方法が変わっている・・・・。前の方がシンプルで楽ちんだったような・・・・。
 
最初は仲良く寄り添っていました。これは絵になりそうと思って、撮影しようとしたら、そっぽ向かれちゃいました。鳥の撮影なんて、いつもこんな感じです。(T△T)アウ・・・

関連記事
    
2010/03/07

ケツァール(カザリキヌバネドリ)



「プロの自然撮影人がストロボを使用してケツァールを撮影」自然や生き物への配慮をテーマにしている自然番組では、見せてはいけないシーン。先日、再放送もされたとか・・・・。


私のブログでもコメントされている方が数名おり、他の野鳥関連のHPや掲示板でも否定的なコメントを見かけました。


今後も撮影人口は増え続けると思います。どうなって行くんでしょうね~。残念ながらコスタリカでは、地元のガイドもストロボ使用に関して注意しません。何がエコなんだか・・・・。

私も完璧とはいかないのですが、撮影は常に数枚のみ。観察&撮影したら、その場をできるだけ早めに立ち去る、を心がけてはいます。でも、本当に綺麗に撮影しようと思ったら、数時間とか数日あっても足りない場合もあるでしょう。難しい問題ですね。

普段はオスばかりアップしているので、メスのケツァールも。オスのような派手さはありませんが、十分綺麗ですよ。


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/